2006年11月14日 (火)

アオサギの子育て(番外編5)

父のアオサギアルバムより

2005年6月1日、ついに小さいヒナが島へ渡った。この日親鳥2羽も近くにいたそうだ。

20050601titi_01 20050601titi_02 20050601titi_03 20050601titi_04 20050601titi058

2羽が巣立った

|

2006年11月13日 (月)

アオサギの子育て(番外編4)

父のアオサギアルバムより

2005年5月26日、1羽が楓の木の上で、1羽は巣の中で羽ばたきの練習、2羽で鳴き交わす。

20050526titi_01 20050526titi_02 20050526titi_03 20050526titi_04 20050526titi_05 20050526titi_06

|

2006年11月12日 (日)

アオサギの子育て(番外編3)

父のアオサギ写真集より

2005年5月25日、1羽が楓の木にいて日光浴し、足元危なっかしく枝を移動しながら羽ばたきの練習。くたびれたら巣へ戻って2羽でお休みです。

20050525titi_01_2

20050525titi_02_1 20050525titi_04_1 20050525titi_06_1 20050525titi_07_1 20050525titi_08_1 20050525titi_09_1 20050525titi_10_1 20050525titi_11_1

|

2006年11月10日 (金)

アオサギの子育て(番外編2)

父のアオサギ第2回

2005年5月20日、もうすっかり大きくなって、おくつろぎアオサギ兄弟。 20050520titi_021_1 20050520titi_022_1











2005年5月21日、頭のてっぺんを残し羽毛が変わって、幼鳥がふさわしい。20050521titi_023













2005年5月24日20050524titi_003 20050524titi_004_1

|

2006年11月 9日 (木)

アオサギの子育て(番外編1)

2005年のアオサギの子育てを、地元に住んでいる83歳の父も撮っていましたので、紹介します。ネガフィルムをスキャンしたものです。

3月26日撮影、抱卵中、しかしカラスに追われて巣を空けることもあったようだ。この日もカラスが親鳥を追いかけていたという。

200503titi_001_1 200503titi_002 200503titi_003

卵が見えるような見えないような







4月上旬、 3羽のヒナの勢ぞろい

200504titi_009 3羽目のヒナのか細い首がいじらしい。

200504titi_015 右のヒナは枝をくわえている。

|

2006年11月 8日 (水)

アオサギの子育て(第21回)

2005年7月17日、田にはアオサギ、チュウサギ、アマサギが餌を探していた。アオサギの幼鳥も田で食餌していた。

050717_15 050717_24 050717_35

050717_57 050717_87










7月30日この日も田や川はサギ類でにぎわっていた。アオサギは1羽が公園に1羽は田んぼでアマサギとチュウサギの群れをぽつんとながめていたが、いずれも成鳥のようだ。使われなくなった巣はすっかり草が生えていた。

050730_022_1 050730_023 050730_037 050730_038 05072730_040 

05072730_057

05072730_046_1 05072730_117_1 05072730_121 050730_058_1

コサギは川で魚獲り、ササゴイ?が電線で川を見張り、アマサギが珍しく1羽で何かを眺めていた。

今日は幼鳥を見かけなかったが、上流へ飛んでいたアオサギもいたので、どうやらアオサギの幼鳥も無事に育っているようで、私のアオサギの子育ては今回で終了。次回から父の写真を紹介。

杉の木のてっぺんに止まるので芯が曲がってしまうと心配されている方もいますが、総じて鹿央町のアオサギは人間とうまく共存しているように感じました。川に鯉やフナが群れていますが、子供が時々釣りをしているくらいで、餌は豊富です。またこの公園で子育てしてほしいものです。この観察を通じてアオサギの生態をもっと知りたいと思いました。引き続きアオサギの観察をしていきたいと思います。

鳥の名前等に間違いがありましたらぜひお教えください。

|

2006年11月 5日 (日)

アオサギの子育て(第20回)

2005年6月26日曇り。カルガモを探して上流へ、上空を3羽のアオサギがギャーと鳴きながら飛んでいった。あの親子だろうか。1羽が川へ降りてきた。050626_110050626_132











7月3日曇り、6時から川を上流へたどる。田でアオサギの幼鳥が餌を獲っていた。成鳥が田から川へ移動して魚をねらい、コサギも魚を獲った。バンも2羽が川で採餌。早朝で曇りのため写真の質が悪いのでお許しを。

050703_014 050703_020 050703_021 050703_034

ニアミス

050703_069

050626_087 バン

|

2006年11月 3日 (金)

アオサギの子育て(第19回)

2005年6月19日6時から8時観察。

公園へ向かう途中アオサギが空を飛んでいたが、川に動くものが、見るとカルガモの親子、ヒナが11羽も。もうすっかり大きくなっているのに今まで見たことがなかった。聞くと1キロほど上流に住んでいるということで、ヒナが大きくなったので遠出をしているようだ。

アオサギは小さいヒナが公園でしきりと草むらを突いてはミミズを食べていた。(この様子は左枠のアルバムに載せています。)7時45分に道路を渡り川向こうへ飛んでいった。

050619_016 050619_021karugamo 050619_082 050619_118 050619_123 050619_124

050619_125 050619_127

|

アオサギの子育て(第18回)

2005年6月12日6時から7時35分観察。

公園へ向かっていると杉の木の横をアオサギが飛んでいた。近づくとなんと2羽の親鳥が杉の木の天辺に止まり、大きいヒナは川の堰に、小さいヒナは島にとファミリー4羽が勢ぞろいしていた。曇り空のため、写真がよくないのが残念。クリックすれば大きくなります。

050612_022_1 050612_023_2

公園の遠景

050612_032 050612_038

2羽のヒナ

050612_051 050612_052

2羽の親鳥 、どちらが父でどちらが母か

050612_0503_1

矢印は両親(赤色)と小さいヒナ(黄)050612_066 050612_067

親が川縁の柵へ渡りすぐ電線へ、電線に4ヶ所白い糞の痕が見える050612_073 050612_089

足取り軽く目の前をタッタッタ

空の巣には草が

|

2006年10月30日 (月)

アオサギの子育て(第17回)

2005年6月5日6時25分から8時まで観察。

アオサギの大きいヒナは島で餌を探していた。巣にいるヒナは羽づくろいし脚で頭掻き。ベンチに座っていると大きいヒナがすぐ目の前で羽づくろい。7時30分、環境美化デーで地区の親子グループがごみ拾いに来た。大きいヒナはすぐ近くでごみを拾っているのをしばらく見ていたが、川縁へ飛んでいった。その後ごみ拾いが川へ来るとカエデの木へ飛んだ。(写真はクリックすれば大きくなります)

050605_034 050605_073 050605_0842_1 050605_089_1 050605_090 050605_094

050605_099_1 050605_100_1 050605_102_1 050605_104_2

|