2008年6月21日 (土)

和白~香椎~名島~多々良川の鳥(5月15日)

5月15日(木) 晴れ

午後からHさんと、和白海岸~香椎海岸~名島海岸~多々良川と回って鳥を見てきました。名島海岸では鳥の餌を調べました。

和白海岸 12:15~25 晴れ 北東の風
P51581723
ダイサギ4羽のみでコアジサシの姿も声もなく、貝掘りの人間が11人で干潟は砂漠を思わせる風景でした。ハママツナがうっすらと発芽していました。
鳥がほとんどいないと聞いてはいましたが、ほんとにいないんです。
数年前までの「野鳥の聖域 和白干潟」といわれた賑わいが嘘のようです。
クロツラヘラサギも時々人工島から姿を見せるだけのようです。

香椎海岸 12:30~45
ミヤコドリ1、コアジサシ50、メダイチドリ28、チュウシャクシギ12、アオアシシギ1、ハマシギ7
フロート上:ハマシギ12、キョウジョシギ2、コアジサシ8
Img_61623
写真中央の水面との境の点がミヤコドリ、バックの建物はイオンショッピングセンター



名島海岸 12:55~13:05
ハマシギ12、チュウシャクシギ1、キアシシギ16、ソリハシシギ1、カルガモ2、コアジサシ
P51581753
アナアオサが繁茂しています。左上のピラミッド岩礁が再生休息所
Img_61863
ウミニナなど巻貝がびっしり。
あちこち掘って、泥を振るい、底生生物を調べました。
枯れたアオサをめくると、モズミヨコムシやヒメハマトビムシなどがいっぱい出てきました。ゴカイも数種、イソメなど豊富にいました。
Img_62303 釣具屋の人が餌をとっておられ、バケツの中を覗かせてもらいました。
ゴカイ数種、カニなどが入っていました。
(写真は全てクリックすれば大きくなります。)



多々良川 14:35~15:10
チュウシャクシギ12、アオアシシギ3、キアシシギ22、ソリハシシギ2、イソシギ5、ハマシギ43、ミサゴ1、ハヤブサ1、ダイサギ3、アオサギ3、ヒドリガモ20
Img_64233
Img_64243
ハマシギが急に固まったので、上空を確認するとハヤブサが飛んでいました。



おまけは少し上流のヒドリガモ
Img_64013
ここのヒドリガモは人馴れしています。餌をもらっているのか、護岸に立つと寄ってきます。

|

2008年6月11日 (水)

名島海岸再生休息所(5月6日-2)

5月6日多々良川から名島海岸までてくてく30分歩いて行きました。

着いた時12時ごろでしたが、アサリがとれるというので、潮が引くのを待つ人が大勢いました。

Img_47433_2

右の子犬がダイサギにちょっかいをかけようと、浜を走り回りますが、サギは無視。

アナアオサが繁殖しています。

Img_33353_2

コンクリート構造物にチュウシャクシギが14羽。

再生休息所には、キョウジョシギ、キアシシギ、ハマシギ、コサギがいました。5gatu6niti

キョウジョシギは多々良川には来てくれないので、去年も名島へ見に来ました。

その時は、自然岩礁で餌をとり、休息していました。

昨年夏に、海岸を海浜公園化する工事があり、風景は一変してしまいました。

当初工事は野鳥の生息には配慮が無い工事計画で、渡り鳥の餌場と休息所が無くなる恐れがあったそうです。

心配した湿地研はWWFと連携して、WWFから市長に渡り鳥の生息に配慮を求める要望書を提出してもらい、人工岩礁による鳥の餌場と休息所が再生されたのです。

ピラミッドのような休息所を利用してくれるか心配されましたが、鳥たちはちゃんと休息所と再生餌場を利用しています。

クロツラヘラサギも時々餌場を利用していたそうです。

Img_48303

右側のピラミッドが休息所、その手前の横一列の岩礁が再生餌場。

その手前の岩場が昨年までの餌場、手前に砂を入れたので簡単にいけるようになってしまいました。

開発するとき、要望書を出さないと配慮されない生きものたち。

再生なった餌場と休息所を見て、「俺たちは物が言えない生きものたちの代理人だ」といわれたHさんの言葉を思い出しました。

その言葉を裏付けるための日々の観察データと行動を尊敬します。

Img_33643

なんだかグラマーなコサギ。きっと餌がたっぷり取れるのでしょう。

Img_48263

コアジサシが8羽餌場に繰り返しダイブし小魚をとっていました。

Img_47543

狙い定めて

Img_47093

吸水に来たアオスジアゲハ

Img_48213

ヤンマも行ったり来たり、腕が悪いのでちゃんと写せません。

午後1時過ぎ引き上げるときには、待ちかねた人々が胸まで浸かって、ジョレンを使ってアサリを採りはじめていました。業者の人たちのようです。

家族連れも次々と集まっていました。

|

2007年6月 6日 (水)

クロツラヘラサギと鳥たち・5月24日

9時50分から鳥見、途中初めて名島海岸まで足を伸ばしてキョウジョシギを見てきました。

Img_33583

アカアシシギとキアシシギ

Img_33743

アカアシシギとキアシシギが飛び上がりました。

Img_34063

クロツラヘラサギが2羽休んでいます。

Img_34093 Img_3420

飛行機は5分おきに飛んで行きます。福岡空港が近いので結構低いです。ポケモンもこの色とピンク系とがあります。

Img_34213

名島海岸の岩場にキョウジョシギがいました。京女鴫というだけあって派手な模様です。

今年は潮干狩りの人たちがこの海岸を行きかったので、鳥が少ないそうです。

Img_34683

ダイサギが岩に上がって横断します、キアシシギとキョウジョシギはよけました。

Img_34693

Img_34703_3

P52402713

キアシシギとキョウジョシギはアオサをひっくりかえしては餌を採っています。

P52402813

キョウジョシギは5羽いました。

多々良川の遊歩道を帰っているとクロツラヘラサギが中州の上流に移動して休んでいました。

Img_35083_1

P52402853

しばらくして下流へ飛んで行きました。

P52402873

アオアシシギ

|