« 2008年11月 | トップページ | 2009年4月 »

2008年12月

2008年12月13日 (土)

中洲に異変?そしてカニに鋏まれた(2008年11月14日)

2008年11月14日(金) 晴

ねぐらの様子を見るために10時から鳥見。

なんだか様子がおかしい、クロツラヘラサギが3羽しかいません。中洲の周囲にいる常連のマガン、カルガモ、オオバンたちもいません。

Img_6731kuro

たった3羽のクロツラヘラサギとコサギ。

マガンやオオバンはいつもこの中洲のまわりにいるのに、いないのはもしかしてまた釣り人がこの周囲で釣りをしたのでしょうか。

とにかくエリアを一回り見てまわりましょう。

Img_5366aoasi

アオアシシギを驚かせてしまいました。

Img_5375aoji

竹やぶの中に動くものがいます。撮れました、アオジです。

Img_5380kamo

こちらのカモたちは何事もありません。波もありません。

Img_5388sagi

やぐらには、コサギとダイサギ。

Img_53923

休息施設にはカワウとイソシギが両端に。

 

午後4時頃からまた多々良川へ、遊歩道を歩きました。

Img_5450bora

遠くのクロツラヘラサギを見ていたら、ボラがジャンプしました。

ボラはよくジャンプするのですが、写真には撮れません。どこでジャンプするか分かりませんので。

Img_5451kuro

ボラ着水!派手な水しぶきです。いつもこのバチャンという音に、ア、またボラだと気づきます。

なんのためにボラは跳ねるのでしょう。

クロツラヘラサギは3羽のままです。

護岸の石の間にカニがいました。見たことないカニでつかまえようと何気なく手を出すと、

Pb140011hurba

カニに鋏まれ、カニはハサミを自切してしまいました。

切り落とされたハサミはギリギリ締め付けてきます。

びっくりしました。こんなに痛いとは、離そうとしますがしっかり鋏んだままです。

やっとはずしたときは、ホッとしました。

Pb140018hutabakakugani

しっかり岩の間にはまって動きません。ハサミを落とさせてごめんね。

フタバカクガニです。甲羅の切れ込みが1つあり、2歯になるので、二歯角蟹だそうです。

河口の転石の下や石垣の隙間などに隠れています。

この蟹の住めるような石垣はほんとに少なくなっています。

Img_55093

夕陽に輝く桜の紅葉。

Img_55113

ほんとにいいお天気でした。久しぶりの落陽。

|

2008年12月11日 (木)

クロツラ、ミサゴそしてマガン(2008年11月13日)

2008年11月13日(木) 晴 最高気温19,8℃

ねぐらの使用状況を見るため、満潮時の10時から鳥見。

Img_6524kuro

ねぐらにはクロツラヘラサギ7羽、アオサギ、コサギ、カワウそしてダイサギ。

サブねぐらにクロツラヘラサギ1羽、アオサギ3羽以上、ダイサギがいました。

 

午後3時近くからまた鳥見へ。

クロツラヘラサギは2羽と6羽に分かれていました。

Img_5310kuro

右から4羽目は若鳥でこの写真では羽の色合いがくすんで見えます。

Img_6589kuro

こちらの2羽は採餌していました。

Img_6608kuro

クロツラヘラサギは羽繕いもそろそろ終りのようです。

手前のミサゴは魚を左足で押さえていますが、この後放置して行ってしまいました。

この日はミサゴが6羽もいました。普段は2~3羽です。

見ているうちにミサゴがダイビング

Img_53203

なかなか上がってきません。

Img_53273

引き込まれ、アップアップしています。

もう一度上がろうとしますが、上がれず頭も沈んでしまいました。

Img_53323

やっと魚を放して飛び上がりました。

ミサゴが引き込まれるところははじめて見ました。よっぽど大きかったんでしょうか。

Img_5354misago

ミサゴのニアミス

さて、すっかりおなじみのマガン君のお目覚めです。

Img_6630magan

さあ、カルガモに向かっていきました。

Img_6631magan

カルガモたちは落ち着いて逃げます。

Img_6637magan

ちょっと羽を整えて

Img_6638magan

もう一度追っかけます。

これでいつもの二段攻撃、終了です。

この後は、オゴノリとアオサを食べていました。

護岸の測量が始まり、工事の看板が立てられていました。

|

2008年12月 3日 (水)

オオバンとクロツラヘラサギ(2008年11月12日)

2008年11月12日(水) 晴 最高気温20,4℃、久しぶりに最高気温が20度を超えた。

10時20分より鳥見。

ねぐらでクロツラヘラサギ11羽が休んでいました。

1112

下にいるのはコサギです。

1112_2

カラスがしきりに鳴くのでみんな起きました。

しばらくして、潮が引き始め、下へ降りましたがお休みモードで動きません。

1112_3

そこへ泳いできたオオバン。どうやら人工島からやってきたようです。はじめて見ます。

1112_4

干潟に上がって、クロツラに近寄ります。足指が独特です。歩くのは得意じゃないそうです。

1112_5

寝ていたクロツラヘラサギが羽を震わせ、オオバンはびっくりして水の上へ。

午前の部はこれまで。

 

さて、午後は4時半から再度鳥見です。

Img_6407kuro

上げ潮に乗って魚の群れがやってきたようです。集団漁が始まり、アオサギやコサギ、ダイサギも集まってきます。

Img_6469kuro

中央で右向きの個体は15センチ位の魚を咥えています。

Img_6478kuro

囲い込み漁?左向きの個体が10センチくらいの魚を咥えています。

右に左に砂干潟のまわりを走り回って漁をしました。

見ていたHさんが、エネルギー効率が悪い餌の捕り方だ、とつぶやいておられました。

見ているほうは面白いですが、クロツラヘラサギにとっては、大仕事でしょうね。

Img_6456ooseguro

きょうもオオセグロカモメがいました。一番左です。

Img_5260

十三夜の月を見ながら帰りました。

 

|

マガンに眼を付けるクロツラヘラサギ(2008年11月11日)

2008年11月11日(火) 晴 18,4℃。

10時30分から鳥見、クロツラヘラサギはねぐらに6羽が寝ていました。

Img_5615kinkuro

キンクロハジロ♀ 右側はくちばしの上の白い部分が目立ちます。

Img_5722aoasi

アオアシシギは今日も走り回っています。

Img_5784aoasi

風で頭の羽が立って、なんか変なアオアシシギ

Img_5742kuro

動き出すか、クロツラヘラサギ。アオサギは上天気に日光浴のポーズ。

クロツラヘラサギはこの後また休んでしまいました。潮が引いてきたのに動きません。

Img_5774magan

マガンも目覚めたようです。

Img_5802yurikamome

ユリカモメもやってきました。いよいよ冬のシーズン到来といった感じです。

Img_5819ooseguro

立っているのは、オオセグロカモメ。始めてみました。というか、教えてもらって気が付きました。

セグロカモメよりひとまわり大きくて、背中の色が黒っぽく目付きがちょっと違います。

Img_5952kuromagan

右側で寝ているのはマガンです。クロツラヘラサギが向こうを通って行きましたが、マガンを振り返って見ています。歩きながらずーっと見ていました。

Img_5957kuromagan2

続いてやってきたクロツラヘラサギ、立ち止まってマガンを見ていました。

なんだい、この見慣れないものは?

マガンを初めて見たのでしょう。人間と同じだとおかしくなりました。

Img_5968kuro

やっと餌をとりはじめました。

  

|

2008年12月 1日 (月)

ズグロカモメがやってきた(2008年11月10日)

2008年11月10日(月) 曇のち晴 最高気温16,6℃。

今日の干潟です。

Img_50333

干潟を眺めていたら、飛んでいたカモメが干潟へサーッと降りました。

あの飛び方は、ズグロカモメです。

Img_5004zuguro

干潟の上をとぶズグロカモメ。

Img_5025zugurokamome

2羽いました。

Img_5377zuguro3

干潟でじっとして、動いたカニを捕りました。丸呑みします。

Img_5490zuguro

2羽一緒にカニを捕りました。

ズグロカモメは、よく似たユリカモメより少し小さくて、くちばしが黒いです。

Img_5572kamo

1羽だけ向きが違っているのは、ハシビロガモ。ヒドリガモの群れに紛れ込んじゃったかな。

 

|

« 2008年11月 | トップページ | 2009年4月 »