« クロツラ、ミサゴそしてマガン(2008年11月13日) | トップページ | お久しぶりです。 »

2008年12月13日 (土)

中洲に異変?そしてカニに鋏まれた(2008年11月14日)

2008年11月14日(金) 晴

ねぐらの様子を見るために10時から鳥見。

なんだか様子がおかしい、クロツラヘラサギが3羽しかいません。中洲の周囲にいる常連のマガン、カルガモ、オオバンたちもいません。

Img_6731kuro

たった3羽のクロツラヘラサギとコサギ。

マガンやオオバンはいつもこの中洲のまわりにいるのに、いないのはもしかしてまた釣り人がこの周囲で釣りをしたのでしょうか。

とにかくエリアを一回り見てまわりましょう。

Img_5366aoasi

アオアシシギを驚かせてしまいました。

Img_5375aoji

竹やぶの中に動くものがいます。撮れました、アオジです。

Img_5380kamo

こちらのカモたちは何事もありません。波もありません。

Img_5388sagi

やぐらには、コサギとダイサギ。

Img_53923

休息施設にはカワウとイソシギが両端に。

 

午後4時頃からまた多々良川へ、遊歩道を歩きました。

Img_5450bora

遠くのクロツラヘラサギを見ていたら、ボラがジャンプしました。

ボラはよくジャンプするのですが、写真には撮れません。どこでジャンプするか分かりませんので。

Img_5451kuro

ボラ着水!派手な水しぶきです。いつもこのバチャンという音に、ア、またボラだと気づきます。

なんのためにボラは跳ねるのでしょう。

クロツラヘラサギは3羽のままです。

護岸の石の間にカニがいました。見たことないカニでつかまえようと何気なく手を出すと、

Pb140011hurba

カニに鋏まれ、カニはハサミを自切してしまいました。

切り落とされたハサミはギリギリ締め付けてきます。

びっくりしました。こんなに痛いとは、離そうとしますがしっかり鋏んだままです。

やっとはずしたときは、ホッとしました。

Pb140018hutabakakugani

しっかり岩の間にはまって動きません。ハサミを落とさせてごめんね。

フタバカクガニです。甲羅の切れ込みが1つあり、2歯になるので、二歯角蟹だそうです。

河口の転石の下や石垣の隙間などに隠れています。

この蟹の住めるような石垣はほんとに少なくなっています。

Img_55093

夕陽に輝く桜の紅葉。

Img_55113

ほんとにいいお天気でした。久しぶりの落陽。

|

« クロツラ、ミサゴそしてマガン(2008年11月13日) | トップページ | お久しぶりです。 »