« オオバンとクロツラヘラサギ(2008年11月12日) | トップページ | 中洲に異変?そしてカニに鋏まれた(2008年11月14日) »

2008年12月11日 (木)

クロツラ、ミサゴそしてマガン(2008年11月13日)

2008年11月13日(木) 晴 最高気温19,8℃

ねぐらの使用状況を見るため、満潮時の10時から鳥見。

Img_6524kuro

ねぐらにはクロツラヘラサギ7羽、アオサギ、コサギ、カワウそしてダイサギ。

サブねぐらにクロツラヘラサギ1羽、アオサギ3羽以上、ダイサギがいました。

 

午後3時近くからまた鳥見へ。

クロツラヘラサギは2羽と6羽に分かれていました。

Img_5310kuro

右から4羽目は若鳥でこの写真では羽の色合いがくすんで見えます。

Img_6589kuro

こちらの2羽は採餌していました。

Img_6608kuro

クロツラヘラサギは羽繕いもそろそろ終りのようです。

手前のミサゴは魚を左足で押さえていますが、この後放置して行ってしまいました。

この日はミサゴが6羽もいました。普段は2~3羽です。

見ているうちにミサゴがダイビング

Img_53203

なかなか上がってきません。

Img_53273

引き込まれ、アップアップしています。

もう一度上がろうとしますが、上がれず頭も沈んでしまいました。

Img_53323

やっと魚を放して飛び上がりました。

ミサゴが引き込まれるところははじめて見ました。よっぽど大きかったんでしょうか。

Img_5354misago

ミサゴのニアミス

さて、すっかりおなじみのマガン君のお目覚めです。

Img_6630magan

さあ、カルガモに向かっていきました。

Img_6631magan

カルガモたちは落ち着いて逃げます。

Img_6637magan

ちょっと羽を整えて

Img_6638magan

もう一度追っかけます。

これでいつもの二段攻撃、終了です。

この後は、オゴノリとアオサを食べていました。

護岸の測量が始まり、工事の看板が立てられていました。

|

« オオバンとクロツラヘラサギ(2008年11月12日) | トップページ | 中洲に異変?そしてカニに鋏まれた(2008年11月14日) »