« 謎の巻貝(7月10日)教えてください | トップページ | カニさん、はいポーズ・7月14~21日 »

2008年10月24日 (金)

多々良川の生きものたち・7月10,11日

7月10日(木)

ヨシ原の隅に生えている竹の葉に白いものが見えました。

P71kusakagerou1

クサカゲロウの卵です、すでに孵化して白い卵が破れ花が開いたようになっています。

この状態を昔の人たちは優曇華の花といっていたそうです。

P71kusakagerou2 P710kusakagerou3

ヤマトクサカゲロウだと思います。ゴミを背負わない幼虫です。

幼虫は孵化後しばらくは卵の殻にいます。笹の葉裏に移動し、いよいよこれから散っていくところです。

クサカゲロウの幼虫はアブラムシやカイガラムシなどを食べるというか、体液を吸うのです。

近くにはアブラムシは見当たりませんでした。どのくらい移動するのでしょうか。

以前観察したときは、アブラムシ集団のすぐ近くに卵を産んでいました。

翌日見たら、1匹も見つけられませんでした。

P710kogane

マメコガネ(コガネムシ科)

7月11日、ヨシ原の漂流物をめくってみると、クモがいました。

Img_9897komorigumo

コモリグモの仲間

Img_9990yuureigumo

発泡スチロールの裏にユウレイグモ?ゆらゆら体を揺らします。

Img_0085kumo

ヨシのヤマトコマチグモの産室に侵入しようとするクモ、でも隙間がなくて諦めました。

Img_0086yahazuhaetorigumo

ヤハズハエトリ(ハエトリグモ科)♂ イネ科植物の葉の上で生活します。

名前の由来になった背中の白い模様が目立ちます。

|

« 謎の巻貝(7月10日)教えてください | トップページ | カニさん、はいポーズ・7月14~21日 »