« ウラギク満開 | トップページ | 多々良川のカニたち・7月9日 »

2008年10月23日 (木)

福岡で越夏した!?マガン(10月18日)

1羽だけで飛来し、6月まで多々良川にいたマガンは、その後人工島の疑似湿地へ移動し、そこで過ごしていることが、人工島の鳥類月例調査で時々確認されていました。福岡で越夏したものと思えます。

秋になって、多々良川へ帰ってきました。

10月11日から多々良で見られています。でもなかなか会えなくてやっと18日に再会しました。

(追記10月11日に実は見ていたはずでした、写真を撮っていたんです。寝ていたのでマガンと認識していませんでした。お恥ずかしい、

Img_2607

10月11日撮影、右から2羽目の座っている後姿がマガン、この向きだと大きさが分かりません。weep

くちばしの基部から額にかけての白い部分がひとまわり大きくなっています。

成長して帰ってきました。

Img_2872magan

Img_2936magan

干潟でカルガモと一緒に海草を拾って食べていました。脚ががっしりしています。

Img_2969magan

Img_3021magan3 

鳥見の先輩たちも、マガンが福岡で越夏するなんて、どうなってるんだ、わからないといっておられます。

見ているとカルガモの群れといつも一緒で、きっと自分のことをカルガモと思ってるんじゃないか、とうわさしています。

でも、無事で帰ってきてくれてよかったです。

Img_35403

オナガガモ

アオサが流れてきているので、カモたちも多くなりました。

|

« ウラギク満開 | トップページ | 多々良川のカニたち・7月9日 »