« セイバンモロコシとカワラヒワ | トップページ | お久しぶりです »

2008年8月26日 (火)

ハイイロカミキリモドキとトキワススキ

あまりの暑さにオリンピックのテレビを見てごろごろ、夏眠状態の毎日でした。

やっと過ごしやすくなったと思ったら、もう8月も残り少なくなってしまいました。

福岡は最高気温が30度以上の日が、7月2日から8月21日まで続きました。

特に8月7日と11日は37度を越えました。

7月は雨が降らずに草もチリチリになっていたのですが、8月8日から4日連続雨が降り、15日から19日も降りました。降るときは土砂降りでした。

年々変な激しい天気になっているような気がします。

さて、まだ7月の話題です。

7月9日(水)

P7090090susuki

トキワススキの穂が開きました。

トキワススキは常緑で漢字で書くと常磐薄です。関東地方以西の分布で、普通のススキより大型で花期が7~8月と早いです。護岸工事などで近年減ってきているようです。

P7090007

トキワススキの穂に昆虫があっちにもこっちにも交尾していました。

ハイイロカミキリモドキでした。

P7090088haiiro

P7090089haiiro

ハイイロカミキリモドキ(カミキリモドキ科)

海岸に多く、幼虫は枯れ枝や枯れ草の茎などを食べ、灯火に飛来するのでデンキムシと呼ぶ地方もあるそうです。つぶしたりして分泌液がつくと水泡炎をおこすそうです。

翌日も見かけましたが、その後は見かけません。

Img_9544sasagumo

ササグモの♀と卵のう

Sioyaabumesu

シオヤアブの♀

Sioyaabuosu

シオヤアブの♂

夏は虫たちの季節ですね。

|

« セイバンモロコシとカワラヒワ | トップページ | お久しぶりです »