« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月31日 (木)

上流の生きもの観察会・7月6日

7月6日(日) 快晴 

多々良川の上流、久山町の猪野川で「水生昆虫と多々良川上流の生きもの観察会」が行われました。

暑い日差しに水遊びを兼ねた親子連れでいっぱいで、観察会のグループか他のグループかわかりませんでした。

P7060044ino_2

とれてるかな?水が気持ちよさそうです。

P7060034kawanina

カワニナ、この付近はゲンジボタルの名所です。

流れが速いので小さくてもお尻が欠けているのがほとんどです。

P7060074kannsatukai

平たいのはコオニヤンマのヤゴ、カワトンボのヤゴ、ヨコエビ、サワガニなど

P7060090

カジカ(前)とドンコ。かつて流行ったウーパールーパーを思い出してしまいました。

P7060096kajika

カジカガエルのメス。大きかったです。足の先は吸盤状になっています。木にも登るそうです。

観察会が終わって帰る頃にカジカガエルが鳴き出しました。

Img_9423

川の横の木にダイサギがとまっていました。

こうやって木の芯を歪ませるので嫌われるんです。横枝に止まればいいのに。

お父さんがハッスルして、魚捕りに夢中になり、お母さんは上からハラハラして見ている光景も見られ微笑ましかったです。

こういうところで、家族一緒に遊ぶのはとってもいいことですね。

帰りはみんなにこにこしてました。

|

2008年7月30日 (水)

井尻上池観察会

7月5日(土)は、夕方から湿地研のメンバーで福岡市南区井尻の井尻上池を観察に行きました。

商店街のすぐ裏にぽっかりと残った奇跡のような溜め池です。

商店街を抜けて池に出るとまるで「オアシス」と感じる空間が現われました。

近所に住んでおられるTさんが、長年草刈、ヨシ刈りなどされて守ってこられました。

8月に観察会を行うための下見でした。

池にはクサガメも生息していますが、アカミミガメ(いわゆるミドリガメ)もたくさんすんでいて、ちょうど産卵のシーズンで次々産卵しているそうです。

P70500083

9個も卵を産んでいました。弾力があって、昔さわったことのあるイシガメの卵と似ていました。

カルガモやトンボも数種やアメリカザリガニなどもいました。エサキアメンボというアメンボもいました。

絶滅が心配されているアオヤンマ、ベニイトトンボも確認されているそうです。

グーグルの航空写真で見ると、街中によくこの空間が残っていたなーと思います。

埋め立てて駐車場に、というような声も強いそうで、私たちは残してほしいと願っていますが、今後が心配な池です。

8月3日(日)10時から観察会が行われます。

地元の人に池の素晴らしさを知ってもらいたいと思います。

|

多々良川の生きものたち・7月1日

いまごろ7月1日の記録です。

Img_9449nejibana

ネジバナがかわいいピンクの花を咲かせました。

P7010012mitiyanagi

ミチヤナギもポツポツと花を咲かせています。

Img_9419uraginn

少し翅が痛んだウラギンシジミが汀にいました。

Img_9498himeakatateha

満開のヒメジョオンにはいろんな昆虫が集まっていました。ヒメアカタテハとハチ?

P7010013kusakagerou

笹の葉の先にはクサカゲロウの蛹(繭)がありました。

Img_9456kotidori

コチドリが空き地に座り込んで営巣しそうな雰囲気です。

Img_9468hakusenn

左の穴からハクセンシオマネキのオスが2匹出てきました。

護岸のトキワススキの穂が開き始めました。

|

2008年7月28日 (月)

暑中お見舞い

書中お見舞い申し上げます。

連日の猛暑に外出も覚悟して出かけないと、暑さに負けてしまいそうです。

そんな日々でもマイペースなにゃんこたち。

P71000013

P7180014

その時々の気分にあわせて、板敷き、ベッド、人の膝と移動します。

くっつかれると暑くてたまりませんが、にゃんこは平気です。

あ~猫になりたい。

|

サカマキガイ

7月1日(火) 晴時々曇 最高気温27,3℃。

多々良川へ行く途中に時々通る道の横に、昔の農業用水路があります。

もう水田もすっかりなくなって、水路も使われなくなっていますが、ここだけはなぜか水がいつも少し溜まっています。

そして、なんとメダカがいるのです。

このごろ、巻貝を気にするようになって、ひさしぶりに水路を覗いたら、いました。

大きいので1センチくらいの黒い巻貝がいました。

P7010031sakamakigai

一番大きな貝と小さな貝

P7010036sakamakigai

軟体部も真っ黒です。

九州大学のM先生にお尋ねしたところ、これはサカマキガイだそうです。

なぜ逆巻貝かというと、巻貝のほとんどは右巻きなのに、これは左巻きだからだとか。初めて知りました。

細い方から太い方へ向かって、時計回りに巻いていくのが右巻きで、反時計回りに巻いていくのが左巻きだそうです。

サカマキガイは水草などに付着して移入した外来種で、繁殖力が強く、環境の変化や水質汚濁にも強いので生息範囲を広げているそうです。

|

2008年7月21日 (月)

住宅難のヤドカリ

暑い日が続いてますが、お変わりありませんか。

朝から、クマゼミとアブラゼミの声がうるさいです。

蝉も日中の暑いときは休んで、朝夕の涼しい時間帯に鳴いています。

早くも、昨日の夕方にはツクツクボウシの声を聞きました。

例年8月になって鳴き始めていたような気がするのですが。

さて、しばらく更新を休んでおりましたが、またぼちぼちいきたいと思います。



多々良川河口のカニの名前も、代表的なものはわかるようになりましたので、いよいよ貝を調べてみようと思います。

でも、いざ貝を調べようとしたら、難しいですね。

図鑑の貝は死んだ標本で、私は生きた貝を写真で採集しようとしているので、比較が難しいです。

P6300141kai

一番下の段(体層というそうです)が膨らんだウミニナが目に付きます。どういう加減でこのような形になったのでしょうか。

右側は表面がすっかり擦れてつるつるになっていますが、動いていました。

並べて写真を撮っていたら、ヤドカリが顔を出しました。

P6300149yadokari

穴が開いていますが、これにもヤドカリが入っていました。

この付近で手にいる一番大きな巻貝です。

引越ししたくても大きな貝がないので、ぼろぼろになるまで使っているのでしょう。

|

2008年7月14日 (月)

ブタクサハムシ

多々良川護岸に繁茂しているオオブタクサをボロボロに食べまくっているハムシ。

写真を撮って名前を調べるのですが、私の持っている図鑑には載っていません。

ネットで調べて「ブタクサハムシ」だと分かりました。

北アメリカ東部からメキシコ原産で、1996年に関東地方で発見され、急速に分布を拡大し、1999年には福岡県でも発見されています。すでに2005年には青森から鹿児島まで分布していたようですが、北海道まで侵入したのでしょうか。

ブタクサ、オオブタクサを主に食べますが、オオオナモミ、ヒマワリ、キクイモなどキク科の植物も食べるそうです。

Butakusahamusi

ブタクサハムシの成虫 6月24日撮影

P7090072butakusahasusi

ブタクサハムシの卵 7月9日撮影 、どれも葉の先端部に産み付けています。

P7120031butakusa

食害の様子と幼虫 7月12日撮影

Butakusahamusi_2

終令幼虫 6月30日撮影

Butakusahamusisanagi

蛹、粗い繭に包まれている 6月30日撮影

P6300133burakusahamusi

成虫、右交尾中の成虫 6月30日撮影

原産地が一緒のブタクサ、オオブタクサを数十年後にはるばるやってきたブタクサハムシが見つけて食べる、不思議です。

やっかいもののブタクサ、オオブタクサを食い尽くしてくれると関心を持たれていたようで、ブタクサがめっきり減ったのだとか。しかし、ヒマワリを食害するので、他のキク科の野菜を食害しないかとか、研究されてるようです。

ハムシの仲間は○○ハムシと名前がついているように、名前から食草がわかり、植物から虫の名前がわかる、面白いですね。

チョウでも種類によって食草は決まっていて、そのため絶滅の危機にも見舞われている種もいます。もっとほかのものも食べたらいいのに、なんて思うのは、節操もなくなんでも食べる人間の発想でしょうか。

実は昨年食い尽くされたオオブタクサをチラッと見て、後日写真を撮ろうとしたら、すでに刈り払われていたのです。

名前が分かるのに1年かかってしまいました。

|

2008年7月12日 (土)

6月29日臨時清掃

6月29日(日) 雨曇雨、最高気温28,3℃。

雨の合間をぬってYさんと我が家の2人の3人で、ヨシ原のゴミ拾いをしました。

P62986434

始めたときは雨が上がっていたのですが、やがて霧雨が降り始めたので、早めに切り上げましたが、燃えるゴミ12袋、不燃ゴミ3袋、コンテナなどを回収しました。

セッカの声を聞きながら、カニや貝を観察しながらのゴミ拾いでした。

Yさんありがとうございました。

|

海の中道のコアジサシ(6月25日)

6月25日(水) 曇、最高気温22,4℃。

今にも雨が降りそうな曇り空の中、3時半から海の中道海浜公園の外浜へ、4人でコアジサシのデコイ再々設置と繁殖状況調査。

横殴りの強風が吹きつけ、潮を含んでいるので、眼鏡が曇る有様でした。

補修した6個のデコイを、すでに設置している2箇所の中間地点に設置。

Img_9377basho

新しい設置場所、古いドラム缶が目印。

Img_93663

コアジサシは強風にもめげず魚をとりに行き来していましたが、営巣しているのはまったく見られませんでした。

Img_93853

前回調査のとき、数組が営巣をはじめていたのに、デコイだけが残されていました。

今年は一体どうしたことでしょう。

カラスが卵を狙っていたそうですが、それは毎年のことです。

海水温度が上昇して、餌の小魚がいないのでしょうか。

最初に設置したデコイの痛みが激しいため、12個を回収し補修することになりました。
P6258588oozoumusi
崖の上で、オオゾウムシが草にしがみついていました。
ホントに象みたいです。
コアジサシは、この後、ほとんどが博多湾からいなくなったそうです。
今年の繁殖は諦めたのでしょうか。
どこへ行ったのでしょう。
地球温暖化の影響でしょうか。

|

2008年7月11日 (金)

ヤマトコマチグモの巣

6月24日(火) 曇一時雨、最高気温26,2℃。

昨日見つけたクモの巣が本当にヤマトコマチグモのものなのか、確認するために午後3時から多々良川へ。

P62400193

チガヤで作った標準的な巣、産室です。葉を2回折って、隙間がないようにきっちり張り合わせています。

雌グモはこの中にこもって卵を産み、やがて子グモの食料となって一生を終えるのです。

ヤマトコマチグモは、普段は巣を作らずに夜間草むらを徘徊して餌を探しているそうです。

いろいろ調べてみたら、巣は脱皮用、休息用、交接用、産室用と葉の巻き方を変えてつくるそうです。

Img_93343

おおざっぱなこの巣は、休息用?それとも脱皮用?

P62400553

ゆったりめのこちらは、交接用でしょうか。

P62400663

めずらしくチマキタイプです。

P62400243

製作中らしい巣を見つけました。ちょっと覗かせてもらいましょう。

P62400283

りっぱな顎で向かってきます。

P62400303

やっぱり、ヤマトコマチグモでした。

このクモは毒を持っていて、噛まれると痛いそうです。

数日後にこの巣を見たら、ちゃんと隙間がない巣に出来上がっていました。

そんなに広くないこの草むらで50以上の巣があります。

チガヤが主で、周囲のススキ、セイバンモロコシの葉でも作っていました。

別の場所では、ヨシ、笹の葉を巻いているのも見ました。

|

2008年7月10日 (木)

生きものいろいろ(6月23日)

6月23日(月) 曇

夕方から多々良川へ。

Img_92473

クズの葉。ヤマトハキリバチに切り取られた痕がずらり。見事な仕事ぶりだと思いませんか。

横にはカタツムリもいました。アップで撮るのを忘れちゃった。

Img_9266

トビ

Img_9267

ミサゴ

Img_9275

チガヤの葉に作られたヤマトコマチグモの巣。いっぱいありました、またそのうちに調べてみましょう。

Img_92783

どうもこの巻貝はスクミリンゴガイつまりジャンボタニシのようです。

P6238557yubiakabennkeigani

ユビアカベンケイガニ♂

赤い指を見せてもらいましょう。

P6238544yubiakabennkei

名前のとおり、真っ赤な指をしています。赤いのは指先だけです。

甲羅の幅は2センチくらい。

P6238562kehusaisogani

石の下に隠れていたのは、ケフサイソガニ♀。

P6238563kehusaisogani

♀にはハサミの付け根の毛は生えていません。

腹部に小さな斑点が見えるので、ケフサイソガニと判断しました。

P6238573akate

やっと捕まえて、お腹を見せてもらいました。アカテガニの♀、と思います。

P6238574akate

背中を見せてもらおうとしたら、飛んで逃げ、肩まで登ってしまいました。

P6238578akate

乾いた流木の下にいました。両方ともアカテガニ?

☆名前が違っているかもしれません。お分かりの方は教えてください。

|

雨のアメリカデイゴ

6月22日(日) 雨一時曇

多々良川清掃の予定でしたが、雨のため中止にしました。

しかし、午後から一時雨が上がり、もしかしたら清掃に来る人がいるかもしれないので、集合場所の東部水処理センターへいきました。

P62200033

アメリカデイゴ(カイコウズ、海紅豆)の花が一面に散っていました。

P62200043

鳥のくちばしのような蕾、開いた花は強烈な赤。

P6220006

まだ硬いつぼみ、枝の先端は断ち切られたように終わっています。

Kさんが見えられ、立ち話をしているうちに雨がまた降り出しました。

Kさんお疲れ様でした。

|

2008年7月 9日 (水)

ハクセンシオマネキの表面交尾(6月18日)

6月18日、ハクセンシオマネキの表面交尾(地表交尾)を観察しました。

午後6時16分

Hakusenn1

にらみ合っていたオス達を尻目に、スススーとメスに近づくオス。

Hakusenn12

メスは巣穴に引っ込みました。

Hakusenn13

脚を震わせて巣穴をさわってメスを呼ぶと出てきました。

Hakusen2

巣穴に入りかけるメスをやさしく触ります。

Hakusenn3

脚をふるわせてメスを誘います。

Hakusenn4

6時21分、表面交尾が始まりました。じっとかかえこんで動きません。

Hakusenn6

6時30分、クロベンケイガニが横を通ったため離れました。

Hakusenn7

メスの方が巣穴から離れていきました。

最終的には、オスの巣穴にメスが入って行う巣穴内交尾で産卵するそうです。

違う角度からも撮りたかったけれど、動いて脅かすわけにはいかず、約20分じっと動かずにいました。

もし、クロベンケイガニが邪魔しなかったら、もっと長く続いたのでしょうか。

|

ハクセンシオマネキの観察(6月18日)

6月18日(水) 曇のち晴、最高気温31,5℃。

午後5時より多々良川へ、クロツラヘラサギ1羽とヘラサギ1羽がいたそうですが、もう人工島へ帰っていました。

ハクセンシオマネキを観察しました。

Img_8988hakusen

オスがにらみ合っています。

Img_8998hakusenn

ハサミを形だけ合わせてあっさりと分かれました。

Img_9047hakusenn

メスです。この顔何かを思い出させます。

Img_9072

このメスの背中、普通の色合いです。

Img_9070hakusenn

こちらのメスは黄色です。はじめて見る色合いです。

Img_9113hakusenn

正面から、なかなか派手な色合いです。

この後観察したハクセンシオマネキの表面交尾は別の記事で紹介します。

Img_9051kometukigani

コメツキガニ

Img_9369kometukigani

コメツキガニの正面。このエリアにたった1匹のコメツキガニ。

去年8月、ハクセンシオマネキと一緒に移動してきて、石ころだらけの場所に住んでいます。

Img_9196bennkeigani

ハクセンシオマネキの表面交尾を邪魔したのは、この方、クロベンケイガニ。

Img_9199yamato

ヤマトオサガニも出てきました。

Img_9218bennkeigani

クロベンケイガニ。この背中を見ると、なぜかアンパンマンを思い出します。

ハクセンシオマネキの邪魔をして、ヨシの間を抜け、竹林へいきました。

|

2008年7月 8日 (火)

ササゴイ初見とアカテガニ(6月17日)

6月17日(火) 曇一時雨、最高気温29℃、大潮。

午後4時から多々良川へ鳥見。

Img_91223

今日もクロツラヘラサギ4羽とヘラサギ1羽がいました。

干潟にシートが流されてきたのか、なんとも目障りです。

Img_91403

ヘラサギの頭掻き。

Img_9200sasagoi

杭の上に飛んできたのは、ササゴイ。初めて見ました。冠羽を立てています。

Img_9237sasagoi

杭の上で頭掻きを見せてくれましたが、曇り空でシャッタースピードが遅くてちゃんと撮れませんでした。

このササゴイはこの後名島海岸の休息所へいったようです。

Img_9277kamo

マガンがいなくなって残ったカモたち。コガモ、マガモ、カルガモ、ホシハジロ。

他には、アオサギ11、コサギ5、ダイサギ5が見渡せる範囲にいました。

この日は、一時雨の天気のためか、大潮だったためか、カニ特にアカテガニの大中小さまざまの大きさの群れが、水処理センターの舗装道路まで出てきて動き回っていました。

Img_8833akate

アカテガニらしくなってきたまだ小さい個体。竹やぶへ逃げ込みます。

Img_8854akategani

こちらはほぼ成長した個体。

Img_88663

逃げ足が速いのですが、小さいカニが道路に固まりました。

でも捕まえようとすると、とたんにピョンピョンと飛んで逃げていきます。

これもアカテガニなのでしょうか。

Img_88743

藪に逃げ込みます。ちょっと近づくとあれほど群れていたのに、クモの子を散らすように散っていきます。ちょっとカニのイメージと違いました。

Img_8880akategani

ファイティングポーズのアカテガニ♂。

なかなか背中を見せてくれません。

Img_8895akate

鳥を見てちょっと間をおいて油断させてやっと、背中を撮りました。

|

2008年7月 6日 (日)

ついにマガン終認(6月16日ー2)

6月16日、午後から2度目の多々良川行き。

橋を渡るとき、珍しく川原猫を見ました。

P6168488neko

テリトリーに入ってこられて迷惑そうなハシボソカラス。

猫はゆうゆうと歩いて、この後しばらく座り込んでいました。

Img_8615magann

マガンが遠くにいました。

Img_8630karasu

土手でなにか見つけ、くわえて移動するハシボソガラス。

Img_86633

クロツラヘラサギ4羽

Img_86653

ヘラサギとで5羽のグループです。「K68」のクロツラはいません。

Img_8702

棒をさぐりあて、くわえたり、放したり。

P61684933

護岸のタイトゴメ、満開です。

Img_8799kawarahiwa

カニを観察していると、カワラヒワが2羽降りていました。

Img_8801hakusenn

昨年8月上旬に移動してきたハクセンシオマネキが定着していました。6匹確認しました。

コアジサシが4羽採餌していました。

ヨシ原では、セッカがヒッヒッヒッと舞い上がり、忙しげでした。

Img_8816magann

マガンが中州で休んでいました。仲間のホシハジロ3羽、カルガモ2羽もいます。

この後、マガンの姿が多々良川から見えなくなりました。

17日の午前2時ごろ凄い雷が鳴り、大雨が降りました。そのせいでいなくなったのか、暑くなったから移動したのか。

心配していたのですが、7月1日に人工島にいるのをHさんが見られ、元気そうだったということでした。

|

カメラで昆虫採集(6月16日ー1)

6月16日(月) 曇一時雨

午前10時から多々良川へ。

昆虫が目に入る日でした。

Img_84493

ヒメアカタテハ

Img_8473monnsiro

モンシロチョウ、ヒメジョオンの花にはいろんな昆虫が訪れていました。

Img_8501madarabatta

草薮を歩くとツチイナゴが、飛び出してきます。

写真撮ろうとすると隠れてしまいます。

Img_85103

ハクセキレイの幼鳥が砂利道を先導してくれます。

Img_85433

もう羽化がすんだ繭です。寄生蜂でしょうか。

Img_8576tubamesijimi

ツバメシジミ、新鮮な個体です。テリハノイバラのつぼみに止まっています。

Img_8592teriha

テリハノイバラにもハナコバチの仲間が

Img_8605beni

ベニシジミ

Img_8788tonnbo

シオカラトンボ♀(いわゆるムギワラトンボ)

なんだか昆虫採集に来たような気分です。

名前が間違っていたらごめんなさい。教えてください。

|

2008年7月 4日 (金)

スタンバイOK

我が家の猫たち、トムとマルは元気です。

思い思いの場所で寝て、起きたらまんま、だっこ、と実に羨ましい気ままな毎日を送っています。

母がいつか、「今度生まれるときは、猫になる。」といったので、「猫にもノラとかいろいろいるよ」、というと、「あんたんとこの猫がいい」という話になりました。

かわいがってもらえるところの猫ほど羨ましいものはありません。

さて、この方、トムはボディランゲージで要求を伝えるのが上手です。

もっとも16年、もうすぐ17年も一緒に暮らしていれば、分かりますよね。

P6218529_3

座って待てば窓が開く、ベランダへ出せ!

P6148486

ピタリと座ればご飯が出る。いつでもごはんOKよ。

おいおい、そんなにくっつて座ったら、危ないよ。

マル、尻尾踏まれても知らないぞ。

P6258594

どう、似合う?

P6258596

なんか落ち着くな~

P6258597

寝てしまったの?パジャマ返してよ。

ありがたいことに、今日も平穏な一日でした。

|

2008年7月 3日 (木)

海の中道海浜公園のコアジサシ

6月13日(金) 晴 

10時30分から11時30分まで海の中道海浜公園の外浜へ、コアジサシのデコイ再設置と繁殖状況調査。

補修したデコイ9個をイベントで設置した場所へ再設置しました。

Img_82824

当初からのデコイがまた痛んでいるのもありました。

Img_83113

上空をコアジサシは飛び交っていましたが、降りてはいませんでした。

もう一箇所追加で置かれた付近には、数組下りていました。

Img_8407koajisasi

オスが魚を持ってきました。

Img_84183

雌のところへ運びます

Img_84263

待っている雌

Img_90573

2羽で降りて、雌が場所を決めて座ると雄は周囲を見回りに

Img_90943

ぐるりと一周してきた雄(右)はさらに見張りです。

30羽ほどが群れ飛び魚をくわえて求愛していました。

今年は、全国的に営巣が遅いそうです。

はやく本格的に営巣してほしいものです。

Img_82803

ミサゴ、1羽は魚をとっていました。

Img_83373

シロチドリが2つがい営巣しているようです。

|

多々良川の生きものたち(6月12日)

6月12日(水) 晴 

午後3時30分から鳥見。

先日見かけなかったマガンがいました。ホッとしました。

Img_88503

マガン、ホシハジロ、マガモ、カルガモ、コガモが集まっています。

Img_88523

動き始めました。

Img_89823

カルガモとマガン

Tishanoki

チシャノキ、別名柿の木だまし。1本だけ河口部に生えています。

葉が柿の木に似ているからだそうです。ちょっと毛深いですけど。

Img_8125siokaratonnbo

トンボが飛び交うようになりましたが、飛んでいるのは難しいので、止まったところをパチリ。

シオカラトンボのブルーの眼が綺麗です。

Img_8169monnkityou

モンキチョウのランデブー

Img_8175monnkityou

久しぶりに飛んでいるチョウを撮りました。

Img_8193misago

ミサゴが頭上を横切ります。

Aiashi

ヨシ原の中で高めの場所に生えているアイアシ、今年は花が咲きました。

昨年は裏年だったのか、花が咲きませんでした。

|

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »