« ミサゴの食事とコチドリのペア(6月8日) | トップページ | クマノミズキと中島誠之助さんのカニの話 »

2008年6月29日 (日)

今年も会えたシオマネキ

6月9日(月) 晴 最高気温27,1℃

午後4時半から多々良川へ。

中洲の周辺でルアー釣をしている人がいて、定位置を奪われたマガンたちが合流部へ移動していました。

なんとか、釣禁止の区分が出来ないものかと思います。

もう少し上流下流の名島橋付近がポイントで釣り人が多いのですが、時々中洲周辺へ釣り人が現われるので心配です。

ツバメとコアジサシが飛び回っていました。

久しぶりにヨシ原の奥に入ってみました。

流木に釣り糸が絡みつき一方はヨシの根に絡んで3Mくらいピンと張っていました。ここは鳥がよくいる場所です。鳥が絡んだら大変です。あわてて回収しました。針はついていませんでしたが、結構長い釣り糸です。

Img_7935turiito

気持ちを整えて、カニを調べました。

Img_79553

今年もなんとか、シオマネキに会えました。しかし1匹だけです。

Img_79783

ハクセンシオマネキの数が少ないような気がします。

近々ちゃんと調べてみないといけません。

Img_7992tigogani

チゴガニ大中小。カニは甲羅に合わせて穴を掘る、ですね。

Img_7900asiharagani

大きいアシハラガニが水溜りに集まっていました。甲羅のほうはなかなか見せてくれません。

Kakubennkeigani

赤っぽいカニを石垣で見つけました。カクベンケイガニです。

P60983763

捕まえてみました。雌でお腹に卵を抱えていました。

はさみでしっかり手袋をはさんで放しません。下手にはずそうとしてはさみを自切されてもいけないので、急いで写真を撮りました。

P6098377kakubennkei

甲羅は四角く、まだら模様で甲の両側に切れ込みはありません。

石垣に戻してやっとはさみを放してくれました。

Img_8024mukudori

ムクドリの群れが今日も川縁の木で賑やかでした。

6時45分帰るときも、まだ中洲に釣り人はいました。

|

« ミサゴの食事とコチドリのペア(6月8日) | トップページ | クマノミズキと中島誠之助さんのカニの話 »