« 実山椒と梅の加工とデコイ補修 | トップページ | ミサゴの食事とコチドリのペア(6月8日) »

2008年6月28日 (土)

松崎遊歩道の植物・マンネングサいろいろ

6月8日(日)くもり 最高気温24,1℃

11時過ぎに右岸の松崎遊歩道を歩き、護岸の植物を観察。

先月の草刈で残った植物です。

ハマゴウも下に向かって伸びている枝が残っていました。

Img_7499hamagou

今年は花が咲いてくれるでしょうか。

河口部で知る限りたった1本のハマゴウです。担当部署に刈らないように頼まなきゃ。

Img_7493turuna

ツルナは花が咲いています。

Img_7500hamahirugao Img_x55913

ハマヒルガオも3株ほど、また伸びています。右の花は5月13日撮影したものです。

護岸の石の間で黄色い花を咲かせていたのは、マンネングサの仲間です。

Img_7513komoti

コモチマンネングサ(子持ち万年草)、花の時期は過ぎています。

親株はこのあと枯れ、葉の付け根にできている子つまりムカゴ(珠芽)が落ちて根付き、冬を越す越年草です。

Img_7551mekisiko

メキシコマンネングサ(メキシコ万年草)、原産地不明の帰化植物、多年草。

Img_x5615

5月13日に咲いていたメキシコマンネングサ、対岸からも黄色く見えました。

Img_7560turumannnenn

ツルマンネングサ(蔓万年草)、これも花の時期は過ぎています、一番早く咲くようです。

どんどんつるが延びています。多年草。

P6098375turu_2

ツルマンネングサの葉は3枚が輪生しています。

中国、韓国の原産で、韓国では食用にするとか。

Img_7564taitobome

タイトゴメ(大唐米)という名は小さい厚い葉が大唐米という外米に似ていることからついたとか。海岸の岩場に生える多年草。

Img_7576taitogome

タイトゴメ

P60883593

マンネングサの仲間(ベンケイソウ科)の花比べ。

左からツルマンネングサ、コモチマンネングサ、タイトゴメ、メキシコマンネングサ

この仲間は葉が肉厚で乾燥に強く、引っこ抜いて放り投げていても根付くので、あちこちで増えているようです。手が要らないので、庭に植えてあるところも多いし、園芸種も増えています。

この護岸のマンネングサはどうやってここに生えているのでしょうか。

波が運んできたのでしょうか、人が運んできたのでしょうか。

|

« 実山椒と梅の加工とデコイ補修 | トップページ | ミサゴの食事とコチドリのペア(6月8日) »