« 新環境とクロツラヘラサギ | トップページ | オオソリハシシギ来る »

2008年5月13日 (火)

ミサゴの羽づくろい

4月5日(土) 曇り一時晴れ、最高気温18,4℃。

午後3時から6時すぎまで鳥見。

(写真はクリックすれば大きくなります。)

クロツラヘラサギはバラバラに採食していました。

Img_84363

左側の三角の物体は波状トタンで流れてきたようです。危ないですね。

Img_84583

ミサゴが杭の上で羽づくろいをしています。

Img_84653

こういう時に限って曇り、きれいな写真が撮れません。遠いから関係ないか。

Img_27893sirohara

シロハラ(ツグミ科)がいました。いつも藪の中など低いところにいます。

Img_86093

ヨシガモ、好きなんです。光沢のある頭の色がうまく出ないので、今日はどうかとチャレンジするのです。

Img_86253

こちらも羽づくろい。1羽で2羽で。

Img_86463

クロツラヘラサギとホウロクシギとカラス。

Img_27903

今日は干潟にハシブトカラスが30羽以上集まっていました。

Img_86833

だんだん潮が満ちてきました。

Img_87313

中洲に移動しました。

Img_87433

中洲の上流部にK68ともう1羽が離れています。

コチドリが2羽ウロウロしていました。

今日のクロツラヘラサギは24羽。



4月4日はコアジサシのデコイを4人で作りました。

13日に行われるコアジサシ繁殖支援イベントの「親子でコアジサシデコイの制作」の手伝いをするので事前学習です。

コアジサシの実物を間近で見たことがないので、いまいちイメージが沸かなかったのですが、難しく考えなくても大丈夫ということでした。

1.芯を作る。 チラシを4つ折にしてグルグル巻きにし、紙紐をぐるぐる巻いていく。くの字状にする。

2.紙粘土で胴体を作り、割り箸を削って作った嘴をつける。

ここまで作ったら1週間くらい乾燥させます。

手が汚れてしまって写真を撮り損ねましたが、楽しかったです。

だんだん要領がわかってきたところで、終了。残りは自宅で作ることになりました。

クロツラヘラサギは22羽でK68もいたそうです。

|

« 新環境とクロツラヘラサギ | トップページ | オオソリハシシギ来る »