« クロツラヘラサギの油脂腺 | トップページ | クロツラヘラサギとヘラサギの水浴び »

2008年5月 4日 (日)

クロツラヘラサギの声

3月21日(金)晴れ、最高気温15,7℃。

午後2時からクロツラヘラサギのねぐらの中洲のゴミ拾いをする予定でしたが、潮が引いてもクロツラが動きません。

仕方がないので、護岸の近くのゴミを集めながら動くのを待ち、3時半過ぎからやっと中洲へ入りました。

Hさんと二人で約1時間、可燃ゴミ7袋と不燃ゴミ1袋、傘と発砲スチロールの浮きを回収しました。

クラゲがいっぱい打ち上げられていました。

クロツラヘラサギは23羽。

Img_46493

気持ちよさそうに休憩しています。

Img_47243

2羽があくび

Img_50023

5時50分そろそろカモは海へ帰り始めました。

Img_50573

移動しましたがなかなか動きません。

P32100553

Img_52083

シロウオを食べるオオダイサギ

Img_52283

6時19分追い込み漁が始まりました。

P32100953

上げ潮に乗って魚の群れがやってきたようです。

P32102213

護岸のすぐ近くですごい勢いで集団漁を行っています。

「ギュウッ」「グウッ」と時々声が聞こえ、小魚を次々と食べています。シロウオでしょうか。

人通りも絶えて薄暗い護岸に一人で立っていると、ザッザッというクロツラヘラサギの足音と声しか聞こえません。

ここでもこんな静かな時間があるのだと厳粛な気分になりました。

7時近くなったので、引き上げました。

|

« クロツラヘラサギの油脂腺 | トップページ | クロツラヘラサギとヘラサギの水浴び »