« チュウサギと珍鳥シマアジ | トップページ | コアジサシ繁殖支援イベント1 »

2008年5月15日 (木)

動いてよクロツラヘラサギ

4月11日(金) 晴れ、最高気温16,6℃。風強い。

9時前からブログを見て連絡くださったI さんを案内しての鳥見。

お目当てのクロツラヘラサギはいてくれるのか。

Img_04143_3

中洲の下流面にいてくれました。クロツラヘラサギ20羽とヘラサギ2羽。

これから潮が満ちてくるので、待つしかありません。

Img_04193_2

足元近くにシロチドリがいました。

Img_05053_2

かわいいですね、声は大きいです。

Img_05473_2

クロツラヘラサギたちは、ねぐらへ歩いて移動しました。

これからは潮が引き始めるまで動きません。

でも、休んでいても、場所の移動などはあります。

I さんは、待つのは慣れてますからとおっしゃいますが、せめていろんな表情を見せてほしいものです。

Img_06903_2

カルガモが1羽飛んで、緊張が走りました。

私は午前の部を切り上げました。

午後2時半からまた行きました。1羽だけが川へおりていましたが、相変わらず休んでいます。

帰られる時間が迫ってくるので、そろそろ動いてよ、とクロツラヘラサギへお願いします。

やっと、動いてくれました。

Img_31323_2

干潟にじっとしてなかなか本格的な活動を始めません。

ついに時間が来て、I さんは帰られました。

その後すぐ、漁を始めました。あ~あ、もう5分早かったら見てもらえたのに。

またおいでよということでしょうか。 I さんまたいらしてくださいね。

Img_07723_2

ヘラサギ2羽とクロツラヘラサギ

Img_31373_2

採食するクロツラヘラサギの上流に釣り人が現われ、ルアー釣を始めました。

「この付近一帯は、希少種の鳥の餌場でルアーやテグスを回収したりして保護しています、釣はご遠慮願えますか」とお願いしたら、知りませんでしたと気持ちよく引き上げてくださって、ホッ。

はやく市や県、周辺の住民と話しして、釣禁止ゾーンを決めないと。

まだまだクロツラヘラサギなど多々良川のことを知らせていかないと。

Img_09243_2

朝から活発だったホウロクシギは夕方も走り回り、飛び回りカニを獲っています。

Img_10083_2

こんどは、コチドリです。黄色のアイリングが印象的です。

Img_10183_2

ゴカイを引っ張り出しました。

知る人ぞ知る多々良川のクロツラヘラサギ。

クロツラヘラサギといえば、今津湾と、和白干潟とみなさん思っておられますが、和白干潟は今では人工島からちょっと出て行くのみの状態です。

博多湾東部で常駐しているのは、人工島と多々良川なのです。

あんまり人が押し寄せるのは困るのですが、知らずに生存を脅かされるのはもっと困ります。

わたしたちも保全活動頑張らなくっちゃ。

|

« チュウサギと珍鳥シマアジ | トップページ | コアジサシ繁殖支援イベント1 »