« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月25日 (金)

クロツラヘラサギとヘラサギ

3月18日(日)晴れ後曇り 最高気温18,6℃ 4月中旬並みの気温。

午後2時30分より鳥見。

中洲に2グループに分かれて休んでいました。クロツラヘラサギ25羽、ヘラサギ3羽です。

Img_12533 

群れも合流し、アップで撮ろうとスコープを用意していたら、子ども2人が干潟へ下りたので、バラバラに飛んでいってしまいました。

Img_38813

オオダイサギが8羽集まっています。シロウオ狙いでしょうか。

Img_39443

流木をくわえたり放したり遊んでいるようです。

Img_40283

宇美川の砂質干潟へ集合しました。カワウも顔が大分白くなった婚姻色になっているのがいます。

Img_42553

左ヘラサギ成鳥と右クロツラヘラサギ、嘴の裏側の違いが分かります。

Img_42863

いつのまにか足元にも潮が満ちてきてきました。

左から2番目移動しているのはヘラサギ

Img_42954

おっと、いつも頭を突かれている個体が横を通り抜けようとした成鳥の頭を噛みました。

やられてばかりじゃないとわかってなぜかホッとしました。

3人で観察しているときに、宇美川大橋の下をくぐって金網の外の送水管の中に現われた釣り人が2人、ルアーを持っていました。

びっくりしていると、そっちへいけないかといわれるので、「来れません、クロツラの越冬地だからこのあたりでは釣はご遠慮いただけないか」と説明され、分かったと橋の送水管に沿って対岸へ行ってしまいました。

釣り人はどこにでも現われるものだとあきれました。

|

2008年4月24日 (木)

黄金の川面とクロツラ

このところネットの接続がうまくいかず、なにやかやとあってしばらくご無沙汰していました。

そんなわけで、1ヶ月前の話題です。多々良川の鳥たちの記録です。しばらくお付き合いください。

3月17日(月)晴れ

夕方5時45分からクロツラヘラサギの確認へ。

クロツラヘラサギ25羽とヘラサギ1羽が多々良川と宇美川の合流地点にいました。

Img_38203

「K68」は中央付近にいます。

アップで撮ろうと移動すると、夕陽をまともにうけて川面はキラキラまぶしい黄金色

Img_38493

左から4羽目がヘラサギです。

Img_12113

6時過ぎ、2羽が人工島へ帰っていきました。

Img_12123

|

2008年4月10日 (木)

植林体験

3月15日(土)は第6回リバースクール「植林体験」に参加し、多々良川の源流若杉山系荒田地区で植林しました。

子どもから大人まで約30人の参加で、急な山道を40分くらい登って現地へ。

P3157717

糟屋郡篠栗町外一市五町財産組合の方の指導を受けてスギ、ヤマザクラ、ケヤキを植えました。

P3157726

以前は皆伐して植林していたけれど、今は大きい木を選んで伐採し、その後に苗を植えるのです。

結構急斜面で、前日の雨で滑りやすかったです。

スギも最近は花粉が出にくい挿し木苗を植えています。

P3157733

ケヤキとヤマザクラを植えました。

鹿がこの山にも増えて、苗木を食べることもあるそうで、無事に育つように念じながら植えました。

お天気に恵まれいい汗をかきました。

P3157739

夫婦杉、樹齢200年くらい。

|

2008年4月 9日 (水)

カラスのお食事

3月16日(日) 晴れ 最高気温16,9℃

福岡国際らん展を見に行き、鳥見は午後5時30分から。

カラスが仮橋に20羽くらい集まっていました。

下の干潟を見ると、ボラをカラスが突いていました。

Img_11373

ミサゴが落としたボラでしょう。

Img_11403

両側にカラスが並んで異様な雰囲気です。

Img_11523

ボラをちぎりとってきた右のカラス、足で押さえているのを横からいただくチャッカリ者。

Img_37263

Img_37273

Img_37283

クロツラヘラサギは全部で18羽が休んでいました。

|

2008年4月 8日 (火)

クロツラ飛んだ

3月14日(金) 雨のち晴れ 最高気温14,6℃

午後4時から鳥見、ミサゴが獲った魚を食べていました。

Img_32623

Img_10223

今日はイソヒヨドリが干潟に下りていました。

Img_32563

クロツラヘラサギ17羽、ヘラサギ1羽

対岸へ回ってスコープをセットしていたら、臆病なカモが飛び立ちクロツラたちもつられて飛びましたがすぐ降りてきました。

Img_10543

1羽だけ飛ばないのがいました。

Img_10563

Img_10573

臆病カモも降りてきました。他のカモは飛んでいません。

Img_10593

Img_36093

Img_10943

ユリカモメも海へ帰っていきました。

これからがクロツラヘラサギの漁の時間です。

 

|

2008年4月 5日 (土)

クロツラの水浴び、マガン初認

3月13日(木)晴れ夕方曇り、最高気温なんと22,8℃、湿度は18%だったとか、連休の頃の気温で汗ばむ。

午後3時より6時まで鳥見。

クロツラヘラサギは19羽で、10羽と9羽に分かれて休息。

この付近をテリトリーにしているイソヒヨドリが出てきました。

Img_28543

いつも逆光で色が出ないのですが、今日はまあまあです。

休んでいたクロツラヘラサギにも動きがあり、一羽が上段から下りてきて、近くにいたクロツラの頭を突き、そのまま移動してこんどは、別の一羽に突っかかりました。

Img_29483

右が突っかかっている怒りんぼ

Img_29543

さらに一番左のクロツラにも、ドケ! 下段右が最初に突かれ非難した個体。

次々と3羽にやつあたり、よっぽど機嫌が悪かったのでしょう、こんなの初めてです。

ふられたのかな。

Img_29793

ヨシをくわえて運んでいます。

Img_29923

こちらは流れ着いた海草をくわえて、横の個体も引っ張ろうとしています。

この時期になると巣作りの練習なのか、いろんなものをくわえて遊ぶ?そうです。

Img_31133

鳥たちが緊張しました。

Img_31143

Img_31153

一斉に飛び立ち移動します。

Img_31573

バシャバシャとじっくり水浴び

Img_31693

水浴びの横でひもを見つけました。

Img_32153

マガンが一羽きていました。

ここ多々良川では毎年1日くらいしかいてくれず、すぐ他所へ移ってしまうそうです。

夕暮れの河口に「カハーン」と鳴き声が響きました。

マガンを見て連想したもの、Hさんは「国定忠治」、私は[ニルスの不思議なたび」。

笑ってしまいました。

|

2008年4月 4日 (金)

ミサゴ、干潟で休憩

3月12日(水) 晴れ 最高気温16,8℃。

午後1時過ぎから、いつものコースを離れ、ちょっと上流を覗いてきました。

ユリカモメとヒドリガモの群れで賑やかでした。

クロツラヘラサギは18羽。10羽と8羽に分かれて休んでいました。

Img_22463

Img_22713

ゴミの中に休んでいます。何とかしなくっちゃ。

Img_22693

この有様です。座り込んで寝ているとゴミと見分けがつきません。

Img_22773

対岸の遊歩道で大きな犬が2匹けんかして吠えたので起きました。

この後、バラバラに餌とり。

Img_23343

たまにはヒヨドリさんも撮らないと。

Img_23403

ユリカモメがシャコをとりました。

Img_24383

クロツラヘラサギを見ていたら、干潟に下りてじっとしているミサゴがいました。

下にいるのははじめてのことなので、異常があるのかと見ていました。

Img_24433

12分たったころ、やっと飛んで定位置の杭へ移動しました。ちょっとお疲れだったのでしょうか。

Img_27223

おまけはクロツラヘラサギの足かき。こういうポーズをみるとたまりません。

みんないやされる~のです。

|

ホウロクシギ初認

3月11日(火) 晴れ 最高気温18,2℃と4月中旬の気温、春霞なのか霞んで視界6キロだとか、黄砂ではないとのこと。

3時半過ぎから鳥見へ。

Img_20613

クロツラヘラサギ20羽はやがてバラバラに餌をとりはじめました。

近くのほかの鳥を観察します。

Img_20711

ユリカモメとカモメの第1回冬羽の個体、羽が全体的に茶色です。

Img_20723

こちらのカモメは第2回冬羽、大分茶色が減って背中が灰色です。

Img_21073

渋~い、オカヨシガモのペア

Img_21353

キンクロハジロの群れに混じっているのはカイツブリ、この個体はいつもカモと一緒です。

Img_2199aosagi

アオサギが鯉を捕まえたのはいいけれど、大きすぎて持て余しています。

Img_22343

今シーズンはじめてのホウロクシギです。逆光で証拠写真。

Img_08273

ハシボソガラスが干潟の石を一個一個ひっくり返して下にいる虫などを食べています。

カラスはカキもフジツボも食べているし、大きなシジミは道路に落として割って食べています。

|

クロツラのレクリェーション?

毎日毎日5~600枚くらい写真を撮るので、整理が大変でなかなか記事がアップできません。

しばらく3月の記事にお付き合いください。

3月10日(月) 晴れ 最高気温15,7℃、暖かい。

午後3時から鳥見へ。

クロツラヘラサギ19羽、4羽と15羽に分かれて休んでいました。

やはり時々動いては頭を突いたりの小競り合いがあります。

Img_16713

4時30分に移動しました。そこで、若い2羽が小競り合いです。

Img_18063

右端の2羽にご注目を

Img_18073

Img_18093

遠いので声は聞こえませんが、なんか言ってるんでしょうか。

さあ漁が始まりました。

Img_19323

羽が輝いてきれいです。ほかの白い鳥より真っ白く輝きます。

オッと、またまたけんかか?先の若い2羽です。

Img_19773

Img_19783

Img_19803

なかなか激しい動きでしたが

Img_19843

並んで餌とりを始めました。

小競り合いは、彼らのレクリェーションなのでしょうか?

|

トムとマルの3月

久々ににゃんずの話題です。

3月6日にマルの左下の犬歯(?)が抜け、あわてて病院へ連れて行き、痛み止めと化膿止めの注射を打たれました。

歯周病で歯肉が赤くなっていたので、17日に麻酔を打って歯石をとる治療を受けました。

幸い抜歯の必要もなく、他の歯は大丈夫だとの事でホッとしました。

前日夜から絶食させ、翌日夕方まで食事抜きでしたが、その後はすっかりよくなって元気です。

血液検査など健康診断の結果も異常なしでした。体重5,2キロ。

P4037846

口を扱われるのに慣れていないので、口を開けさせるのも大変。

小さいときから慣らしておかないと手入れも出来ませんね。

抜けた歯の写真を撮ろうと思ったのに、お父さんが失くしてしましました。

さて、トムは風邪をひいて鼻水が出て、おしっこの様子がおかしくなり、3月26日に病院へ。

膀胱炎の診断で3日間注射を2本打ってもらい、良くなりました。

年の割には元気だそうです。先生からロマンスグレーの足になったねといわれました。体重4,2キロ。

その時、新しい「マンマリゾ」という健康ごはんを見つけ、試しに買って食べさせたら、すっかりお気に入りの様子で夢中で食べました。

トムはなかなか好みが難しく、せっかく自然食品のごはんを買ってきても食べてくれなかったので、このところ鶏肉や魚を食べさせていましたが、栄養的になんか工夫しないといけないねーと話あっていました。

「マンマリゾ」は100%自然食、無添加で工場見学もできるということで安心かなと思い、しばらく食べさせてみようと思います。

それに、ナント会社が我が家のすぐ近くだったのです。通販もしているのですが、直接買いにいってきました。

P3147703

ともあれ、にゃんずの健康は回復しましたが、医療費でふところが寒い3月でした。

|

2008年4月 1日 (火)

クロツラヘラサギの食事風景

3月8日(土) 晴れ

午後3時から6時まで鳥見。

Img_09853

クロツラヘラサギ「K68」が魚をゲット、口を開けて奥へ放り込んでいます。この後すぐ飲み込みます。

沖縄で嘴に釣り糸が絡んで口が少ししか開けられず、食べられなかったクロツラヘラサギは、この動作ができなかったんですね。

クロツラは餌をとったときは、頭をあげて口をアクッとやるので、どのくらい餌が捕れているかが分かります。

Img_04583

こちらも開いたくちばしの中に魚が見え、飲み込む寸前です。

Img_11173

ツグミも干潟で餌探しです。川岸の栴檀の実もすっかりなくなりました。

Img_12493

Img_04653

「K68」がもたもたしていたら、足を噛まれてしまいました。

ちょっと突っつくくらいでいいじゃないの、噛まなくてもと思ってしまいます。

やっぱり足環が目障りなんでしょう。

|

クロツラヘラサギの獲物は?

3月7日(金) 曇り雨のち晴れ

環境省の調査、調査員の方が午前8時から午後7時まで一日鳥類のカウントをされていました。

午前中に雨が降って大変だったようです。お疲れ様です。

さて、今日のクロツラヘラサギは朝は18羽いたそうですが、4時過ぎに行ったときは17羽でした。

Img_06043

干潮が3時40分だったので、ちょうど良い潮加減です。さかんにえさをとっていました。

Img_06063

10センチくらいの魚をとっています。

Img_06313

こちらは、カニを捕まえました。くちばしに触ったものはカニでも魚でもシャコでも構いません。

Img_06323

くちばしにはさまれたカニが夕陽に輝きます。クリックして見てください。

Img_07883

ニアミス、若鳥がじゃまと追い立てられ、ちょんと羽ばたいてよけます。

Img_02813

今日は雲があるので、夕焼けも変化がありました。

Img_03073

午後6時過ぎ、潮もだんだん満ちてきました。漁も終わりでしょうか。

|

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »