« 第1回月例清掃 2月24日 | トップページ | コサギ、シロウオいただき »

2008年3月13日 (木)

個体差が大きいクロツラヘラサギ

2月27日(水) 晴れ 最高気温8,9℃、最低気温4,1℃。

4時半過ぎから鳥見へ。

(写真はクリックすれば大きくなります)

Img_94413

この群れから離れたところにクロツラヘラサギ2羽がいて、合計クロツラヘラサギ18羽、ヘラサギ2羽でした。

Img_92533

左から2羽目のヘラサギは成鳥です。もう1羽は若鳥でした。

Img_93073

クロツラのあくび、眠りから起きたときよくあくびします。

Img_94273

中央がヘラサギの若鳥、くちばしの裏がクロツラと違っています。

Img_9466x3

午後6時に帰るまで3羽が餌とりに行きましたが、他はほとんど動きませんでした。

じっとみていると、足が悪くびっこを引いている若鳥も来ていました。

体が小さい若鳥、ヘラサギと間違えそうに大きい若鳥と特に若鳥に個体差があります。

びっこの個体は昨年は渡らずに博多湾で越夏しましたが、今年はどうするのでしょう。

沖縄で保護されたクロツラヘラサギは体力が回復したので放されたということで、ひとまずはよかったです。

うまく群れと馴染んで、繁殖地へ無事渡ってほしいものです。

|

« 第1回月例清掃 2月24日 | トップページ | コサギ、シロウオいただき »