« 2月9日 落ち着けないクロツラ | トップページ | 口開けアオサギ »

2008年2月20日 (水)

ツリスガラに逃げられる 2月10日

2月10日(日) 晴れ 最高気温11、5℃、最低気温5℃。

数日前からいるというツリスガラを撮りたいと、9時30分から鳥見。

クロツラヘラサギ10羽を確認。

Img_77333

オオジュリンの姿がチラッと見えたので、ツリスガラがいるのでは?と待っているとガサガサとヨシ原を掻き分ける人がいて、オオジュリンもいなくなってしまい、ガッカリ。

気を取り直して、移動しズグロカモメを観察。

Img_77533

目元がかわいい

Img_78033

戻ってみるとクロツラヘラサギはくつろいでいました。

Img_79143

アオサギやカルガモが飛び、オオダイサギ2羽が緊張して首を伸ばし、クロツラヘラサギも首を上げました。

オオダイサギは名前のとおり大きいです。

Img_79323

アオサギが2羽飛んできましたが、満潮時なので、そのまま落ち着いたので、引き上げました。

午後3時50分からまた鳥見に

中洲近くにいた2羽を子ども2人が知らずに近づいて飛ばせてしまいました。右岸を歩く予定を変更して、左岸を歩きました。

Img_84963

3羽と10羽に分かれて宇美川にいました。

Img_79713

カラスが後ろを歩いています。大きさが分かるでしょうか。

こうやって見るとクロツラヘラサギは意外と小さいですね。

|

« 2月9日 落ち着けないクロツラ | トップページ | 口開けアオサギ »