« ツグミの大群 | トップページ | セグロカモメ »

2008年2月24日 (日)

骨折り損のミサゴ

2月17日(日)晴れ、最高気温6、5℃、最低気温1、6℃。

2月3日の観察会のリベンジ、ミニ観察会。寒いけれどお天気もよく、鳥たちのサービスも満点な観察会になりました。

クロツラヘラサギは11羽、中洲から宇美川、ヨシ原と移動しグルーミングまで見せてくれました。

Img_84603

中洲で休んでいたとき、左から2羽目のアオサギは口を開けています。もっとよく見ようとしたら、飛び立ってしまいました。

ハマサジやフクドなどの植物を観察していたら、ミサゴがダイビングしボラをゲット。

Img_86963

重たいのかうまく飛び上がれず低空飛行です。

Img_87133

カモメがつけねらいます。

Img_87163

カラスも

Img_87193

Img_87293

干潟に下りるとセグロカモメが迫ります

Img_87333

しばらく頑張っていましたが

Img_84643

とうとうミサゴは魚を諦め、セグロカモメがいただきました。

カラスとアオサギがおこぼれを狙っています。

Img_87413

ミサゴとセグロカモメ、カラス、アオサギのバトルを観察。

|

« ツグミの大群 | トップページ | セグロカモメ »