« 1月11日のクロツラヘラサギと鳥たち | トップページ | 1月12日のクロツラヘラサギと鳥たち »

2008年1月16日 (水)

沖縄のクロツラヘラサギ保護される

釣り糸が巻き付き衰弱していた沖縄のクロツラヘラサギが13日夕に保護され、体重が通常の半分以下の800グラムまでやせて、点滴を受ける痛々しい姿をテレビで見ました。

14日には餌も食べるようになったということでホッとしています。

一日も早く元気になって自然に戻って欲しいものです。

この事件で改めて絶滅危惧種のクロツラヘラサギが知られるようになったようですが、

釣りをする人が釣り針・釣り糸を放置しないようにしてくれることを願っています。

こちらでは

1月11日に干潟の石にルアーが引っかかっているのをHさんが見つけられ、12日に胴長を着て泥濘にやっとのことで回収されました。

ちょうどクロツラヘラサギが餌をとるエリアで、針が2個と糸もついているルアーで、危ないところでした。

今年になってルアーを6個回収しました。

ほんとに何かしなくては。

|

« 1月11日のクロツラヘラサギと鳥たち | トップページ | 1月12日のクロツラヘラサギと鳥たち »