« クロツラヘラサギ 12月31日 | トップページ | 1月2日のクロツラヘラサギと鳥たち »

2008年1月 2日 (水)

クロツラヘラサギと負傷したズグロカモメ  1月1日 

2008年1月1日(火) 雪、強風、雷、最高気温6度。波乱の年を思わせる荒れ模様の一日。

平安な年であってほしいと念じながら、負傷したズグロカモメの様子を見に雪のなか傘をさして多々良川へ。

保護するときのために小さい箱を持参するのとお天気を考えて、カメラは1眼のみ。

P10172343

降りしきる雪に見慣れた景色が違って見えます。一時は積もるかと思いました。

ほっとしたことに負傷したズグロカモメはちゃんと縄張りのヨシ原横にいました。

干潟を歩いていましたが、餌は捕れていません。

このヨシ原はカラスも縄張りにしている場所です。弱って動けなくなったらカラスに狙われるでしょう。

ヨシ原へ近づくと水面にちょっと飛んで逃げました。保護をあきらめしばらく様子見です。

事故でしょうか、ハヤブサなどにやられたのでしょうか。

自然界では当たり前のことかもしれませんが、負傷した鳥を見るのはなんとも切ないことです。

Img_6166

雪が舞って寒いけどクロツラヘラサギを確認しないと帰れません。

こんなときに限ってなんとクロツラヘラサギ23羽、ヘラサギ4羽。今シーズン最高数です。

寒くなったら人口島から移動してくるだろうといわれていたのが当たりました。

Img_61783

重なっているので寒さをこらえて数え、種類を確認、K68もいます。1羽だけ離れたクロツラヘラサギが。

Img_61993

カワウが1羽2わと移動していきました。

Img_62083

10時51分クロツラヘラサギも移動、2羽は多々良川へ行きました。残りは対岸の干潟へ。

Img_62723

雷が鳴って怖くなりました。雪とスズメを撮って引き上げました。

明日もズグロカモメを見にいかないといけません。

|

« クロツラヘラサギ 12月31日 | トップページ | 1月2日のクロツラヘラサギと鳥たち »