« ゴミひろい初め | トップページ | お話中 »

2008年1月 8日 (火)

1月7日のクロツラヘラサギとゴミ拾い

1月7日(月) 今日も暖かく好いお天気だったので、昨日に続いて一人で中州のゴミ拾いをしました。

2時からしばらくクロツラヘラサギを観察。遊歩道でポリ袋から双眼鏡を取り出そうとしたら、ユリカモメの群れがワーッと押し寄せてきました。でも餌じゃないと分かって去っていきました。

Img_64443

クロツラヘラサギ9羽とユリカモメ。

Img_64263

K68の足環をつけたクロツラヘラサギとオオダイサギ

Img_64583

ユリカモメが待っていたごちそうです。

Img_6472

ゴミ拾いの後、まだヨシの中にはいっぱい残っているのですが、ボチボチやります。

きょうの収穫可燃ゴミ5袋、不燃ゴミ1袋。

昨日のゴミと合わせて東区役所の生活環境課へ集荷依頼をしました。

Img_6564 今日もルアーが2個、針と糸はついていませんでした。

ゴミ拾い中に猟犬が急に走ってきてびっくりしました。

カラスを追って水の中まで走っていきました。

子どもたちが、犬を捕まえにきたので、「この中州はクロツラヘラサギが休む場所だから脅かさないように犬は放さないでね」というとうなずいていましたが、しばらくして遊歩道をみたら、大人の男の人がその犬を引いていました。

猟犬に干潟にいたカラスを指示して追わせたようで、困ったものです。

以前から犬を放して走らせる人がいて、マナーが悪いと話題になっていましたが、鳥を追わせるのは許せません。

何とかしなくては。

Img_65393

クロツラヘラサギは11羽いたのですが、3羽を残して人工島へ帰ってしまいました。

中州の居心地が悪いのでしょうか。犬や子どもが入ったりするので、安心できないのでしょうか。

12月に掘った溝も子どもたちをストップできず、きのうは裸足で溝を越えた跡が残っていました。

2,3日前には休んでいたクロツラヘラサギを飛び立たせていたそうです。

|

« ゴミひろい初め | トップページ | お話中 »