« 名島海岸でウミアイサに出会う | トップページ | おいしいな »

2008年1月24日 (木)

1月19日多々良川の観察会

1月19日(土) 曇り晴れ、最高気温11℃、最低気温3,6℃。

地元の松島公民館主催の松島子ども教室「冬鳥の観察会」が午後1時から3時半まで行われ、お天気もまあまあでした。

クロツラヘラサギは4羽がいてくれ、はじめて見る参加者は歓声を上げていました。

参加者は幼児から小学生、大人で総勢21名。寒さに負けない参加者は熱心に観察し質問していました。

ズグロカモメやアオサギ、ダイサギ、コサギ、ヒドリガモ、オナガガモ、ヒドリガモ、などの鳥とヤマトオサガニ、植物の冬の様子を観察し、ゴミが多いのにびっくりしていました。

観察会には剥製のクロツラヘラサギも拾ったルアーと一緒に展示され、ゴミ問題を訴えていました。

あたたかいぜんさいをいただきながら、Gさん撮影のクロツラヘラサギのビデオを観賞しました。

子どもたちから、ゴミが多くていけないと思ったという感想が出され、ゴミ問題を考えるきっかけになったかなと安心しました。

Img_7379

シオクグと枯れたハママツナの様子。ここのゴミは11日に目立つものを拾ったばかり。

Img_7219 Img_7222

左ハマサジのロゼット、今年花を咲かせる。右ハマサジの芽生え、来年花を咲かせる。

Img_7220

ハママツナの芽生え

Img_7464

仮設ヤード撤去工事もあと一息です。

|

« 名島海岸でウミアイサに出会う | トップページ | おいしいな »