« 多々良川のクロツラヘラサギと鳥たち・11月25日 | トップページ | 多々良川の鳥と植物・11月27日 »

2007年12月 6日 (木)

多々良川の生きものたち・晩秋

晩秋の多々良川の生きものたち

お天気の良い日にはいろいろな生きものに出会えます。

Img_32083

ウラギクの綿毛をベッドにナナホシテントウ

Img_3251kusakiri

保護色のクサキリ

Img_9747tonosamabatta

トノサマバッタ、堤防を歩いていくとパッと飛び立ちます。

Img_9742inago

ツチイナゴ

Img_00011

クモヘリカメムシ

Img_00141

ウラナミシジミ

Img_35223

ウラギクの花にホシホウジャクがきてストローを伸ばしています。ネットが邪魔をしてちゃんと取れませんでした。

Img_3289jorougumo

多々良川の松島側川べりにはジョロウグモが目に付きます。

Img_03483

11月15日にハマゼリで見つけたキアゲハの3令幼虫。今頃こんなで無事に蛹になれるか心配していました。

Img_0570akasujikiageha

11月19日、キアゲハの幼虫が4令へ脱皮する前の様子、22日に見たとき4令幼虫になっていましたが、その後姿が見えません。鳥に食べられてしまったのでしょうか。

左の縞模様は、アカスジカメムシ。せり科の植物につきます。ちょっとおしゃれでカメムシといっても臭くありません。

|

« 多々良川のクロツラヘラサギと鳥たち・11月25日 | トップページ | 多々良川の鳥と植物・11月27日 »