« 秋冷の候 | トップページ | 多々良川10月31日 »

2007年11月 6日 (火)

多々良川の秋の虫-チョウ

川縁を歩いていると、色んな昆虫が見られます。

セイタカアワダチソウは虫たちのレストランです。ニアミスをおかしたチョウたちが飛び交い、ハチたちも忙しく働いています。

砂利道ではヒメアカタテハが盛んにテリトリーを主張し、バッタが飛び立ちます。

Img_96623 ヒメアカタテハ(左)

ベニシジミ(右)

Img_96713

Img_9777

羽がボロボロになったヒメアカタテハ

必死でテリトリーを守っています。

食草はヨモギなど

Img_9669 ベニシジミ

食草はギシギシなど

Img_9668 ヤマトシジミ

食草はカタバミ

Img_96883 キタテハ

食草はカナムグラなど

Img_97163 イチモンジセセリ

食草はイネ科のチガヤ、ススキなど

独特の戦闘機のようなスタイルでとまります。

Img_9105

Img_9697 チャバネセセリ

食草はイネ科のチガヤ、ススキなど

セセリチョウは地味ですが、目が大きくて可愛いです。

Img_97223 モンシロチョウ

食草のハマダイコンや菜の花の芽も伸びています。

Img_97823 アオスジアゲハ

クスノキが食樹

Img_9209 ツマグロヒョウモン♂

食草はスミレ、パンジー

Img_98103 クロヒカゲ

薄暗い笹薮の中へ中へと隠れていきました。

マダケなどの竹類が幼虫の食草。

このほかに、ツバメシジミ、キチョウを見かけました。

|

« 秋冷の候 | トップページ | 多々良川10月31日 »