« 多々良川10月の鳥たち3 | トップページ | 秋冷の候 »

2007年11月 4日 (日)

地に落ちた「白い恋人」

紅葉したホコガタアカザを撮影していると、左側の緑のフクドの下にゴミが写っていました。

Img_95743

よく見るとなんと「白い恋人」(アップしてお確かめを)



まさに地に落ち泥にまみれた「白い恋人」

河口のゴミの中には雪印や不二家や赤福もあるだろう

吉兆よお前もか

老舗もブランドも信用できない

鶏も肉も  なぜ偽装する

なぜ 命にかかわる食べ物をあくどい儲けの道具にする

食品業界の相次ぐ不祥事 

(食品業界だけではないが)

モラルを忘れ拝金主義に陥った 足るを知らぬ利益追求

営々と築き上げてきた豊かな田畑を耕作放棄地となさしめ荒れ放題に

作れる米を作らせず、飢える世界から目をそらし

海外からわざわざ食糧を輸入する

作っても赤字で農家の意欲をうばってしまう

この政治のおかしさ、危うさ 

世の中なんかおかしいよ

 

農業は工業ではない

ふぞろいの野菜でいい、果物でいい 旬のものがいい

安心安全な食べ物が欲しい

トウモロコシも大豆ももうこれまでのようには手に入らない時代

食糧自給率を高くしていく政策に転換を

日本の農業をつぶしてはいけない

地産地消の推進を



一つのゴミからついついいろんなことを考えてしまいました。くどくなりましたがお許しを。

|

« 多々良川10月の鳥たち3 | トップページ | 秋冷の候 »