« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月29日 (木)

キンギョ注意報

11月22日に、我が家に金魚が5匹やってきました。

農業高校などの収穫祭があっていたところへ行き合わせ、みそ、しょうゆ、納豆、ジャム、みかん、ミニシクラメンをそれぞれ別の高校から買いました。

迎えを待つ間水産高校の金魚すくいを見ていたら、無料で金魚をくれるということで、5匹すくってもらいました。水産高校でふ化し育てているそうです。

只より高いものはないといいますが、水槽を買って、これから水草を買わないといけません。赤い金魚も買う予定です。

にゃんずは興味津々、じっとみつめていましたが、ついにトムちゃんが

Pb2769313

Pb2769323

水槽の上に乗ろうとしたので、あわてて主人がストップ

Pb2769333

Pb2769343

やっぱり金魚が気になるトム

|

2007年11月26日 (月)

多々良川のクロツラヘラサギと鳥たち・11月19日

11月19日、10時半より鳥見、お天気がよく護岸では久しぶりにチョウが多く見られました。

シバナの状態を見るために松島ヨシ原を調べていると、ヨシにセッカが止まっていました。

初めてセッカを撮影しました。

Img_04163

セッカ(スズメ目ウグイス科) ヨシ原の中にいて、昆虫類、クモ類などを採食

Img_04263

クロツラヘラサギが2羽いましたが、1羽は飛んでいってしまい、残り1羽は中州でカモたちと休んでいました。

Img_0564

Img_0451

相変わらずカワウが居ます。鱸がよく釣れるそうで、それをねらって来ているようです。

Hさんによれば、11月16日にはこの砂州になんと1223羽のカワウがいて、真っ黒だったそうです。

鳥のカウントのベテランのHさんもさすがに数えるのが大変だったそうです。

Img_0476

ズグロカモメが12羽いました。

|

2007年11月25日 (日)

ベーッタリ

マルちゃんのうれしいひと時。

Pb116759

トムちゃんがお父さんの胸を占領することが多いのですが、

トムのいぬまに思いっきり甘えます。

Pb176822

オイオイ、そのカッコはなんだい

|

2007年11月24日 (土)

多々良川の塩生植物の秋

先に紹介したウラギクハママツナ以外の干潟の塩生植物の秋の様子です。

Img_03913

キク科のフクド(別名ハマヨモギ)の花、筒状花のみ。花を咲かせた株は枯れてしまう。 

絶滅危惧Ⅱ類(福岡県)

Img_29243

シバナ(塩場菜)の実、花に花びらはない。 絶滅危惧Ⅱ類(環境省、福岡県)

Img_97483

イソマツ科のハマサジ(浜匙)、花を咲かせた株はいずれ枯れるが、まだ次々に花を咲かせている。

右の緑のロゼット状の株は来年花を咲かせる。

絶滅危惧Ⅱ類(環境省、福岡県)

Img_94603

ハマサジの花のアップ、黄色の花が次々と咲いていく。全体が枯れたような色をしているので、よく見ないとわからない。

Img_84603

セリ科のハマゼリの種子、先に花が咲いたものは赤紫色になっている。

右側の植物はアキノミチヤナギ、葉がついている。

Img_97533

タデ科のアキノミチヤナギ(秋の道柳)の花、小さい花より赤いつぼみが目に付く。

葉がほとんど落ちている。

|

2007年11月23日 (金)

クロツラヘラサギの剥製その後と秋のヨシ原清掃

ちょっと古い話題から。

8月に一度紹介したクロツラヘラサギの剥製が川の環境保護を考えるきっかけになるように、福岡市東区役所の1階で展示されています。

10月19日にふくおか湿地保全研究会から東区長への寄託が行われ、私も立ち会いました。

民放のローカルニュースでも2社が取上げてくれました。11月15日の市政だよりの東区版にも紹介されていました。

一人でも多くの人に環境保護に関心を持ってもらえたらと思います。

Pa196487

発見のいきさつや、クロツラヘラサギの説明とともに、環境保全を訴えるポスターも一緒に展示され、上部では多々良川の自然を紹介するビデオも流されています。

Pb226881

あれ?今日はお留守?環境フェスティバルや学習会に貸し出されて留守です。

Pb226883

さて、10月28日ににふくおか湿地保全研究会が行った松島ヨシ原の清掃では、12人が2時間かけて、燃えるゴミ56袋、不燃ゴミ9袋、冷蔵庫、窓の金属製手すりなどの粗大ゴミを回収しました。

これでも清掃できたのはヨシ原のほんの一部です。

予定していた中州のクロツラヘラサギ休息所のゴミまでは手が付けられませんでした。

1028gomi

29日に一人で紅葉したハママツナを撮るためちょっと動いて燃えるゴミ5袋と、不燃物1袋を回収。

11月18日にHさんとTさんが自転車やテレビなどの粗大ゴミを回収されました。

Img_0361

一定量にならないと市に回収を依頼しにくいので、ゴミ袋を溜めていると、カラスが必ず袋を確かめにきて、外から見て食品の入っているようなゴミ袋を突いています。

コンビに袋に弁当の残りなどが入っているのを見つけると、ゴミを撒き散らすので困っています。

ドライバーのみなさん、車の中からポイ捨てしないでください。道路脇に捨てたものも、川へ流れてくるのです。

|

2007年11月22日 (木)

多々良川のクロツラヘラサギと鳥たち・11月15日

いよいよクロツラヘラサギの季節になりました。人工島には65羽くらいいるということですが、なかなか多々良川へ来てくれませんでしたが、やっと9羽やってきました。

Img_02983

潮が満ちてきたので、中州の休息場へ入ってくれるかと思ったら、ヘリコプターが上空を旋回したのでびっくりしたのか、そろって人工島へ帰ってしまいました。

Img_0225

左からカルガモ、コガモのペア、ユリカモメ、カワウ。

Img_17783

奥からホシハジロ、スズガモ♂♀

Img_18693

キンクロハジロ♀の羽ばたき、白いお腹が目立ちます。頭の小さなちょんまげがかわいい。

Img_19043

キンクロハジロのペア。こうしていると♀のお腹が白いなんてわかりません。

Img_19123

キンクロちゃんのかわいいお口

Img_18973

スズガモ♀はクチバシの付け根の白が目立ちます。

やっとキンクロとスズガモがまともに撮れました(^^♪

|

2007年11月19日 (月)

紅葉の季節

11月9日 所用先で銀杏と桜が見ごろを迎えていました。

今年は台風の影響がなくて、桜の紅葉がきれいです。

Pb096729

足元には嫁菜の花がひっそりと咲いていました。

Pb096706

紅葉の名所に見に行くのもおっくうで近場の秋を楽しんでいます。

ほんとに夫婦で出不精です。

|

多々良川の鳥・11月14日

11月14日、晴れて気温が久々に20度を超えて暖かでした。3時から鳥見へ。

Img_01823

オナガガモとコサギ

Img_15333

ヨシガモ♂ まだ換羽途中(エクリプス)

Img_15093 右はヒドリガモ♂

左はヨシガモ♂の正面、くちばしのつけねの白斑が目立ちます。

Img_15383

後ろはオナガガモのエクリプス

Img_16033

カニを捕まえたアオアシシギ、後ろのゴミが悲しいです。

|

2007年11月17日 (土)

多々良川の鳥・11月4日

11月4日は3時過ぎから鳥見。

Img_0812

逆立ちして餌とりしているヒドリガモ。アオサを食べています。

Img_08203

ホシハジロ  きょうもぷかぷか寝てるだけ

Img_08573

今日もアオアシシギは活発に動き回ってカニを食べていました。

Img_09403

打ち寄せられたアオサを食べるヒドリガモ。石ころの間にイソシギが分かりますか、このイソシギはこの付近をテリトリーにしていて、いつもいます。

Img_09963

右ヒドリガモのエクリプス、額がクリーム色になる途中のようで、ちょっと間抜けな表情です。

|

2007年11月16日 (金)

相も変らぬ毎日

秋らしい日々、我が家の猫たちはあいもかわらぬ平穏な日々を過ごしています。

Pb066680

くつろぎのひととき

|

2007年11月 8日 (木)

川原猫

鳥見に行くと気になる猫たちに出会います。

2月に紹介した猫たちが、鳥見を休んでいる間に餌を貰えなくなっていました。裏口にあった餌入れは片付けられています。

それで、あちこちに散らばって自活しているようです。

Img_8602

この猫はお母さん、子猫がいるようでお乳が張っています。竹林から出てきました、子猫はどこにいるのでしょう。

Pa306644

このほかに黒猫や縞猫たちも見かけました。

Img_9850

ついに干潟を闊歩する猫を見ました。カモを横目で見ながら通り過ぎていきました。

いつも鳥見をしておられるHさんに話したところ、今のところは鳥を獲って食べている様子はないようだとのことでした。

注意して見守ることにしました。

餌をやっていた人がいなくなったのか、なんらかの事情で餌をやれなくなったのか、猫が増えすぎて手に負えなくなり餌をやるのをやめたのか、わかりません。

しかし、都合のいい時だけ餌をやって、増えるのを手助けしておいて、あとは放り出すというのは一番悪いことです。

散らばる前ならやりようもあったのに、と後悔しています。

厳しいけれど、冷たいようだけれどしばらく様子を見ます。寒くなってきたら人近い所へいくものもいるでしょう。

この猫たちが野鳥を獲るようになったら、害獣になります。そうなると放置できなくなります。

野鳥を獲らないようにと祈るばかりです。

|

2007年11月 7日 (水)

多々良川10月31日

カモは数種類が1000羽以上います。ヒドリガモが一番多くて賑やかです。

Img_9784_2

Img_9843

ホシハジロ、いついってもなぜか休んでる、活動時間が合いません。

Img_9823

珍しくカワウをアップで撮ってみました。

Img_9868

今年はあちこちで狂い咲きの桜が話題になっていましたが、ここにもソメイヨシノの花が数輪咲いていました。

|

2007年11月 6日 (火)

多々良川の秋の虫-チョウ

川縁を歩いていると、色んな昆虫が見られます。

セイタカアワダチソウは虫たちのレストランです。ニアミスをおかしたチョウたちが飛び交い、ハチたちも忙しく働いています。

砂利道ではヒメアカタテハが盛んにテリトリーを主張し、バッタが飛び立ちます。

Img_96623 ヒメアカタテハ(左)

ベニシジミ(右)

Img_96713

Img_9777

羽がボロボロになったヒメアカタテハ

必死でテリトリーを守っています。

食草はヨモギなど

Img_9669 ベニシジミ

食草はギシギシなど

Img_9668 ヤマトシジミ

食草はカタバミ

Img_96883 キタテハ

食草はカナムグラなど

Img_97163 イチモンジセセリ

食草はイネ科のチガヤ、ススキなど

独特の戦闘機のようなスタイルでとまります。

Img_9105

Img_9697 チャバネセセリ

食草はイネ科のチガヤ、ススキなど

セセリチョウは地味ですが、目が大きくて可愛いです。

Img_97223 モンシロチョウ

食草のハマダイコンや菜の花の芽も伸びています。

Img_97823 アオスジアゲハ

クスノキが食樹

Img_9209 ツマグロヒョウモン♂

食草はスミレ、パンジー

Img_98103 クロヒカゲ

薄暗い笹薮の中へ中へと隠れていきました。

マダケなどの竹類が幼虫の食草。

このほかに、ツバメシジミ、キチョウを見かけました。

|

2007年11月 5日 (月)

秋冷の候

やっと11月になって平年並みの気温になったようですね、猫たちが団子になるようになりました。

Pb026650

Pb026654

カーペットを敷き、コタツというよりテーブルにカバーはかけましたが、ホットカーペットはまだです。

そろそろホットカーペットを出さないといけないかな。

トムが抱かれていると、すぐマルがやってきて、強引に膝にとびついてトムを押し出します。

Pb016647

わたしの膝を占有してご満悦なマルです。

|

2007年11月 4日 (日)

地に落ちた「白い恋人」

紅葉したホコガタアカザを撮影していると、左側の緑のフクドの下にゴミが写っていました。

Img_95743

よく見るとなんと「白い恋人」(アップしてお確かめを)



まさに地に落ち泥にまみれた「白い恋人」

河口のゴミの中には雪印や不二家や赤福もあるだろう

吉兆よお前もか

老舗もブランドも信用できない

鶏も肉も  なぜ偽装する

なぜ 命にかかわる食べ物をあくどい儲けの道具にする

食品業界の相次ぐ不祥事 

(食品業界だけではないが)

モラルを忘れ拝金主義に陥った 足るを知らぬ利益追求

営々と築き上げてきた豊かな田畑を耕作放棄地となさしめ荒れ放題に

作れる米を作らせず、飢える世界から目をそらし

海外からわざわざ食糧を輸入する

作っても赤字で農家の意欲をうばってしまう

この政治のおかしさ、危うさ 

世の中なんかおかしいよ

 

農業は工業ではない

ふぞろいの野菜でいい、果物でいい 旬のものがいい

安心安全な食べ物が欲しい

トウモロコシも大豆ももうこれまでのようには手に入らない時代

食糧自給率を高くしていく政策に転換を

日本の農業をつぶしてはいけない

地産地消の推進を



一つのゴミからついついいろんなことを考えてしまいました。くどくなりましたがお許しを。

|

2007年11月 3日 (土)

多々良川10月の鳥たち3

10月22日、スコープを持ってじっくりカモの観察です。

Img_0439 Img_04413_3

Img_04763

ヒドリガモの番。楽しそうです。


10月25日、鳥見の先生H氏と出会いいろいろ教えていただきました。

ヒドリガモ、コガモ、カルガモ、マガモ、オカヨシガモ、オナガガモがいたのですが、換羽期で羽の様子が図鑑と違い見分けがつきにくいです。おまけに動き回るのでちゃんとした写真が撮れません(泣)

Img_0623

コガモ♀ 嘴に黄色が多いのは幼鳥だそうです。

Img_0630 ♂もいたのですがやはり幼鳥でした。

頭をあげた写真が撮れなかった。Img_0648

早くから休んでいるマガモ、オレンジの足が目立ちます。


10月27日

Img_06643

このボリュームと白が目立つ羽はカルガモ

Img_0670

アオサをくわえているヒドリガモ。かわいい。

まともにとれるのはヒドリガモばかり

|

ウラギク満開

多々良川の葦原、中洲では、秋の花のウラギク(キク科別名ハマシオン)が花盛りです。

ウラギクは環境省・福岡県の絶滅危惧Ⅱ類に分類されている希少種です。

花の時期でないと目立たないので、知る人ぞ知るです。

Img_95303

Img_95413

紅葉したハママツナの中に咲く

Img_95293

3枚は10月29日撮影

Pa216500 10月21日の1枚目と同じ場所

|

2007年11月 2日 (金)

多々良川10月の鳥たち2

10月20日夕方

カモの群れ(ヒドリガモ、カルガモ、マガモなど)の中にアオアシシギが6羽。

走ってきた人に驚いてカモは飛び立ったのにアオアシシギは平然としたものです。

Img_8896

8分後満ちてくる潮にやっと飛び立ちました。

Img_8978

この日もウとアオサギ、カモメは群れあっていました。

10月21日

Img_9043

やっぱりカモは臆病です。堤防に人が近づくと飛んで行きます。

そして残ったアオアシシギ

Img_9068

あちこち動き回ってアオサの中へ。

Img_90763

Img_90783

下流へ飛んで行きました。

Img_92243

今日も白と黒で賑やかな砂州です。

|

2007年11月 1日 (木)

多々良川10月の鳥たち1

10月上旬も暑い日が続き、ニュースで海水温が2~3度高くコノシロが大量死していると報じていました。

多々良川でもコノシロを食べるためにアオサギ、カワウ、セグロカモメ、ウミネコ、トビが集まってちょっと異常な雰囲気でした。

10月6日

Img_8436

にぎやかなウミネコとセグロカモメとアオサギ

Img_8528

上の場所を違う角度で。金網が写ってしまいましたが、カモメ類とカワウと分かれて群れています。

Img_8559

この日アオサギ、カワウがそれぞれ100羽くらいいました。カモはアオサを食べています。

10月15日、この日も白と黒が分かれていました。

Img_8631

Img_8633

アオサギは干潟の縁に沿ってズラッと並んでいます。カモの数も増えました。上の3枚目より潮が引いた状態です。

アオアシシギもいました。アオアシシギは9月下旬には50羽以上いたそうです(残念)

Img_8728

10月16日

Img_8766

3時40分ごろアオサギとカワウが川下へ集団出勤、一番多いところは撮れませんでした。

Img_8845

潮が引き始めの干潟です。わかりにくいですが、右側のまだ狭い砂州にカモメ類とカワウがひしめき(上の1,2枚目の場所)、左側の葦原沿いにアオサギとカモがいます(上の3枚目の場所)。

カモはヘリに驚いて右側から左側へ飛び立ったのに他の鳥たちは反応しませんでした。

カモはまだここの環境に慣れていないのでしょうか。それとも敏感なのか。

|

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »