« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

2007年4月30日 (月)

マル初めての服?

トムに着せたとき欲しがったので着せてみました。

P4284478_1

嫌がりません

P4284479

有り合わせで猫用に作った服ではないので、動いたら大きすぎて後ろ足で踏みつけ脱げてしまいました。

P4284481

残念でしたね、マルちゃん。

|

初めてのキアシシギ

春の渡り鳥のシーズンではじめて見る鳥たちが次々とやってきています。

うるさかったユリカモメはすっかりいなくなり、カモの数も種類も寂しくなった多々良川にシギ・チドリの声が響きます。

驚かせて飛び立たせてしまったキアシシギ。なるほど脚が黄色です。

Img_74973

Img_75373

Img_77793kiasi

Img_78463

マガモが後ろを泳いでいきます。

Img_79514

ちょっと分かりにくいのですが、右からキアシ、チュウシャクシギ、キアシそして中央と左上の岩ににイソシギがいます。

|

チュウシャクシギのカニ食い連続写真

4月27日15時53分から54分に撮影したチュウシャクシギがカニを食べる様子です。

捕まえたカニをくわえ直し、目をつぶるほど嘴に力をこめてつぶし、丸呑みしようとしました。

しかし、呑み込めずまた嘴に力を入れてカニをつぶしている様子をごらんください。(写真はすべて大きくなります。)

Img_77883_1 Img_77893 Img_77903 Img_77913 Img_77923 Img_77933 Img_77943 Img_77953 Img_77963 Img_77973_1 Img_77983 Img_77993 Img_78003 Img_78013 Img_78023 Img_78033 Img_78043 Img_78053

Img_78063 Img_78073 Img_78083 Img_78093_2 Img_78103 Img_78113 Img_78123 Img_78133 Img_78143 Img_78153

丸呑みしようとしましたが、

Img_78163_1 呑み込めませんでした。

Img_78173_2

もう一度ギュッと嘴に力を入れて

Img_78183 Img_78193 Img_78203   

やっと呑み込み歩き始めました。

この間約2分の出来事です。

チュウシャクシギの食事風景は初めて見ましたので、この食べ方がノーマルなのかどうか分かりませんが、よくいわれているカニを振り回して脚を落として食べる食べ方ではありませんでした。

|

2007年4月29日 (日)

クロツラヘラサギと鳥たち・4月27日

昨日の犬騒動があったので、クロツラヘラサギいるだろうかと心配しながら、2時40分から鳥見へ。

多々良川の中州近くで2羽が餌を捕っていました。

Img_74103

Img_74442

今日もカニを食べているようです。

Img_74613

アオサギ、マガモとちょっと一休み。

Img_74663

カモもすっかり少なくなりました。マガモとヒドリガモ。

Img_74853

宇美川の砂州へ飛んで行きました。チュウシャクシギがいます。

Img_74903

Img_74994

観察場所を移動したら、2羽のシギが飛び立ちました。

後ほど来られたH氏にキアシシギと教えていただきました。多々良川では今年初めてだそうです。別記事で紹介します。

Img_75323

砂州の風景、右端のアオサギは魚をくわえています。観察していた10分間ずっとくわえたり放したりしていました。

クロツラヘラサギは2羽しかしません。昨日のことがあるので他へ移動したようです。人工島に4羽、津屋崎に4羽とヘラサギ1羽がいるそうです。普段いない、餌がいない人工島にいるのは避難しているとしか思えません。

渡る前に戻ってきてくれるでしょうか。

Img_76813

コチドリが動き回って餌を捕っています。

Img_76833

Img_76983

ハクセキレイも食事をゲット。このハクセキレイは顔の黒い線がちょっとしかありません。

チュウシャクシギが14羽くらいいて賑やかでした。別記事で食事を紹介します。

Img_77503

ミサゴがボラを獲りやっと運んでいきました。

|

ブラッシングの後

トムに久しぶりに本格的なブラッシングをしました。

びっくりするくらい抜け毛がごっそり、毛が薄くなって寒かろうと思って、いたずら半分、タオルを筒に縫ったものがあったので、着せてみると丁度いい具合でした。

P4264442

ご本人は気に入ったのか、そのまま日光浴。ところが気になるマルが手を出します。

P4264445

ねえ、なに着てんのさ?僕も欲しいよねえ。

トムは知らん振り

P4264450

そのうち、いいお天気にうとうとのマル。

おいおいマル、寝ちゃったの?集中力足りないよ。

|

2007年4月28日 (土)

クロツラヘラサギと鳥たち・4月26日-2

クロツラヘラサギが休んだので、ゴミ拾いの準備を始めたその時、犬の声がしました。

振り向くと犬がクロツラヘラサギを追っていました。クロツラヘラサギは飛んで逃げていましたが、犬は水の中まで追っています。コラッと大声を出して犬を追い払いました。

Img_73373

Img_73383

Img_73403

Img_73413

Img_73433

Img_73473

この犬は宇美川大橋の横に住んでいるHLの人が飼っている犬の1匹です。以前から干潟をうろついていたので、心配した人が飼い主に何度もつないで飼うように注意されていました。

Img_73513

クロツラヘラサギは砂州にどうやら落ち着きました。

犬が戻ったか芦原の外を回って見て戻ってくると、何と2匹の犬がほえてきました。

「黙れ!」と犬を叱りつけていると飼い主がいました。「どうもせん」と吠えるのを止めようともしません。

思わず、犬に「黙らんと保健所に連れて行かれるぞ!!」と脅しました。犬は黙りました。

飼い主にあの鳥に何かあったら大問題になりますよというと、もそもそいいながら、ゴミを棒で探りながら葦原の裏を通って引き上げていきました。

怒鳴って気分が悪くて落ち着かず、ゴミ拾いどころではなく引き上げることにしました。

Img_73693

中州を確かめると2羽がいましたが、子供が3人中州の近くで騒いだのでアオサギと一緒に飛んで行きました。

Img_73833

戻って確かめると8羽と合流していました。チュウシャクシギもいます。

Img_73893

マガモが脚で頭を掻いていました。

|

2007年4月27日 (金)

クロツラヘラサギと鳥たち・4月26日-1

午後1時50分から鳥見散歩。今日は何羽のクロツラヘラサギに会えるでしょうか。(写真はクリックすれば大きくなります)

Img_71053

もう中州で休んでいるクロツラヘラサギがいました。左の1羽はヘラサギのようです。

他にはいないのかなとドキドキしながら下流部へ急ぎました。

Img_71153_1

チュウシャクシギが8羽飛んでいきました。

Img_71203

いました、宇美川の河口部で8羽のクロツラヘラサギがせっせと餌を捕っています。2時10分。

Img_71253

宇美川の葦原に沿って上流へどんどん動いて餌を捕って行きます。

Img_71293

砂州にはチュウシャクシギがいます。

Img_71303

こんどは向きを変え下流へ向かいます。

Img_71383

Img_71513

コチドリがやってきました。

Img_71633

最後の追い込みといった必死の動きです。

Img_71673

中央のクロツラヘラサギはカニをくわえています。

Img_71684

2羽ともカニを捕っています。どうも今日はカニを中心に食べているようです。

Img_71923

Img_71943

左上の若鳥もカニをくわえています。

Img_71993

Img_72363

また向きを変えて進んでいきます。やっぱり今日はカニづくしのようです。

Img_72673

やっと一息ついた感じです。

Img_72863

羽繕いが始まりました。

Img_73363

2時40分お休みモードに入りました。

しばらく動かなくなったので、ゴミ拾いの準備を始めたところ、ショックなことがおこりました。次回で紹介します。

|

毛玉の季節

猫の抜け毛が激しい季節、遅ればせながらやっと久々に本格的なブラッシングをしました。

マルから直径2センチくらいの毛玉ができました。

P4254431

格好の遊び道具です

P4254434

P42544353

P42544373

もうバラバラにしてしまい、御用済みにしました。

|

ムクドリの巣作り

多々良川の鳥見の帰り道、ムクドリが電気の引き込み器具の上に飛んできました。

見ていたら箱状の金具に潜り込みました。

Img_70563

飛んできたムクドリが口に巣の材料をくわえていました。

Img_70653

もう1羽とんできました。

Img_70722

巣を作っているのでしょう、無事に作れたら好いのですが。このあたりはカラスが多いので心配です。

|

2007年4月26日 (木)

自分で遊びなさい

遊んでコールがすごくて、あんまりお仕事の邪魔をするので

P4184205

P4184207

お父さんがたまには自分で遊びなさいと尻尾に紐をくくりつけました。

しばらくしたら紐をスッポ抜きましたとさ。

|

カワセミの漁

25日朝8時15分、クロツラヘラサギを見に行く途中、カワセミの漁に出会いました。

Img_67993

Img_68013_1

カワセミが木の枝にとまっていましたが、カラスが来たので別の場所へ移動しました。

Img_68143 小魚をゲットしています。

Img_68173_1

やっぱりカワセミはかわいいです。

Img_68263_2

Img_68343_2

Img_68453

狙いを定めて

Img_68463_1

ダイビング

Img_68603_2

もっと見ていたかったのですが、先を急ぐので、ここでカワセミと別れました。

|

クロツラヘラサギと鳥たち・4月25日

8時から鳥見散歩、途中カワセミが漁をしているところへ出会いました。別の記事で紹介します。

Img_68693_2

クロツラヘラサギは宇美川の河口付近に9羽いました。

Img_68713_1

いつのまにか、チュウシャクシギがきていました。

Img_69043

チュウシャクシギが一斉に飛び立ちました、10羽います。

Img_69223_1

Img_69263

戻ってきました。

Img_69403

Img_69763_1

盛んに動くシギに対してクロツラヘラサギとアオサギはお休みモードです。

Img_70423

Img_70433

アオアシシギの声だけ聞いて帰りました。

途中でムクドリが電線の引き込み器具?に巣を作っているところを見ました。別の記事で紹介します。

|

2007年4月25日 (水)

ねたこをおこす

P4234325

寝ているマルをトムがなめまわし

P4234327

ついにマル目を覚ましてとっくみあいか、でもネボケてる

P4234328

それでもなめつづけるトム

P4234338

ついに目を覚ましたマルは自分でお手入れをはじめました。

P4234339

トムも自分の毛の手入れをするのでありました。

|

2007年4月24日 (火)

クロツラヘラサギと鳥たち・4月24日

夕方5時過ぎてから鳥見散歩、途中で小雨が降り出し、クロツラヘラサギを確認しただけで早々と引き上げました。

Img_67733

アオアシシギがまだ頑張っていました。

Img_67783

クロツラヘラサギは宇美川の葦原に8羽いました。

Img_67823

Img_67663_1

途中のバラ園のバラも満開です。

|

クロツラヘラサギと鳥たち・4月23日

曇り空で少し肌寒い感じの朝、8時から鳥見とゴミの状況調査へ。

Img_64903

今朝はクロツラヘラサギが7羽いました。やはり津屋崎と行き来していたんですね。

Img_65013

チュウシャクシギがカニをくわえています。

Img_65143

2羽のチュウシャクシギがいたところへもう1羽がやってくると、2羽は飛んでいってしまいました。

Img_65363

塩性植物のシバナ(シバナ科、絶滅危惧Ⅱ類) 秋に地味な花を咲かせるそうです。

ゴミの調査をしていてはじめて見ました。博多湾に注ぐ河川でも激減しここが最大の群生地だそうです。これで。

この多々良川の葦原には他にも貴重な動植物が生息しています。

Img_66253

中州のすぐ上流部で、アオアシシギ、コサギ、コガモ 

このコサギは派手に水に頭を突っ込んで餌を捕ろうとしていましたが、バタバタばっかりでどうも捕まえるのが下手なようでした。

久しぶりに白いアヒルを見ました。 上流部と行ったりきたりしているそうです。              

葦原でゴミ1袋回収。

|

引っ付き虫のマル

甘えん坊で引っ付き虫のマル、今日もお父さんの膝を独占してご機嫌です。

P4214291

P4214310

ついいたずらを

P4214319

P4214320

どういじられようと平気です。かえって構ってもらえてうれしいマルなのです。

|

2007年4月23日 (月)

クロツラヘラサギと鳥たち・4月21日

朝7時50分から鳥見散歩。

Img_61673

小さい鳥が飛んできたと思ったら、ナント、カワセミでした。離れていたので、証拠写真です。

Img_61803

たった3羽です、寂しくなりました。昨日は10羽だったのに。津屋崎の干潟と行き来しているという情報もあります。

例年5月上旬までいたようですが、今年は暖冬の影響で渡りが早いのではないかと考えられています。

Img_62032 Img_61953_1  今日も桜の木にカワラヒワがいました。

Img_62193

アオアシシギが餌をとりました。イソシギもいます。

Img_62213

イソシギが餌を獲りました。

Img_62273

イソシギが排泄しているようです。

Img_62343

アオアシシギが餌をとりました。

Img_62694_1 Img_62893_3

Img_62973 Img_63013

Img_63033_2

2羽仲良く飛んで行きました。

午後3時からまた鳥見。

Img_64143

Img_64233

Img_64343

チュウシャクシギが5羽いました。1羽は写っていません。

Img_64363

Img_64443

クロツラヘラサギが2羽いました。合計3羽

Img_64543

カルガモの後姿はオムツをつけた赤ちゃんのようです。

小雨が降ってきたので急いで帰りました。

|

2007年4月22日 (日)

ねこのねすがた

着ていた服を脱いでおくとすぐ乗っ取られ

P4053906

お父さんのカーディガンの上

P4124153

P4124159

私の服の上、座っていたらすぐ後ろにいました。

P4144166

こちらはラッコ風

|

クロツラヘラサギと鳥たち・4月20日

減ってきたクロツラヘラサギが気になって朝7時25分から鳥見に。

Img_57273

コチドリが飛んできました。

Img_57403

クロツラヘラサギが集団でいましたが、何羽いるのかわかりません。

Img_57513

10羽いました。

Img_57763 多々良川でアオアシシギを始めて見ました。

ウィンクしました。

2羽いて、下の写真の左側が頭をヒョイヒョイと上下させていました。

カップルのようです。



Img_57813

Img_58003

宇美大橋を渡ってみてみました。

Img_58223

箱崎中付近にいつもいるシロチドリです。テリトリーの見回りでしょう。

近くに大きな鯉が目を食べられほんの少し突かれた状態で捨てられていました。ミサゴが置いていったのでしょうか。

Img_58663

内部へ移動し始めました。

Img_59593

宇美川葦原の全景

Img_59763

水位が上がって移動が始まりました。9時25分

Img_59803

中州に10羽休んでいました。



夕方は用事で遅くなって6時から見に行き、クロツラヘラサギ7羽を確認しました。

Img_60363

見にくいですが、クロツラヘラサギが4羽います。

Img_60573

夕陽の中の2羽

Img_61213

わざわざ干潟へ上がってきた個体。カニがすきなのでしょうか。

|

クロツラヘラサギと鳥たち・4月19日

最高気温が12度と真冬並みの寒い雨の日だった18日とうってかわった上天気。潮に合わせて午後3時45分から鳥見散歩兼ゴミ拾い。

宇美川の葦原で4時15分から約1時間でゴミ4袋拾って、名島側へ移動して観察。

Img_55263

ダイサギ、アオサギが今日もにぎやかです。クロツラヘラサギはあちこちに散らばって採食しています。

Img_55353

結構川底は凸凹があるのがわかります。

Img_55363

この鳥は成鳥

Img_55493

Img_55613_1

羽の先に黒色が残っている鳥が飛んできました

Img_55623 Img_55633 Img_55643 Img_55653 Img_55663 Img_55673 









サギ類と違い、クロツラヘラサギは飛んで来て着地するとそのまま餌捕りに移ります。

Img_55693 Img_55743_1

下の2枚の写真では上の鳥にご注目ください。

Img_55943

Img_55953

排泄しています。

Img_56353

魚を飲み込みました

Img_56733

ぶるっと羽を膨らましました。

Img_56923

6時20分、6羽が集まりました。

他に2羽で合計8羽を写真を撮っておられた方と確認し、引き上げました。

|

2007年4月21日 (土)

大物を獲ったミサゴ

4月17日午後5時30分、クロツラヘラサギを観察していたときに目撃したミサゴです。

Img_53413

バシャッという音に中州側へ振り向いたら、ミサゴが魚を獲っていました。

Img_53423

大きいのでなかなか飛び上がれません。

Img_53433

Img_53443

まるでスケートボードに乗っているように見えます。どうやらうまく飛べたようです、この後宇美川上流方面へ飛んで行きました。

|

クロツラヘラサギと鳥たち・4月17日-2

夕方5時前から2度目の鳥見散歩。

クロツラヘラサギは近づく渡りに備えて、活発に餌を捕っていました。魚も以前より大きいものを捕っているようです。

Img_52283_1 Img_52353

Img_52373

10センチくらいの大きな魚を捕っています。

Img_52523 Img_52543 Img_52553 Img_52563_1

近くにいる成鳥は淡々と餌を捕っているのに、この若鳥は派手に羽を広げて頭を突っ込んで魚を捕っています。

羽を広げる動作を15分間に3回も見せてくれました。

Img_52943_1

3回目の突っ込み

Img_52983 Img_53013 Img_53043

魚を捕まえました

Img_5305

Img_53083

結構大きい魚です。

Img_53113

それぞれバラバラにせっせと餌捕り

Img_53343

マガモも目に入りません。後ろのほうでバシャッと音がするので、振り向いたら、ミサゴが大きい魚を獲っていました。別の記事で紹介します。

Img_53923

5時30分ころからだんだん宇美川に集まってきました。水浴びしているものもいます。

Img_54603

8羽のクロツラヘラサギが集団漁を始めました。

Img_54593

宇美川の上流で2羽はそれぞれに漁をしています。

6時になって写真も撮れなくなったので引き上げました。

|

クロツラヘラサギと鳥たち・4月17日-1

朝7時40分から鳥見散歩。

Img_50193

クロツラヘラサギ13羽、アオサギ6、ダイサギ8にぎやかです。

Img_50353

もう水位が高くなってきたので、移動するでしょうが、動きがありません、8時2分、宇美川を離れました。

Img_50473

私が歩いている間に、中州へ移動していました。8時9分

Img_50583

ダイサギが小競り合いをして1羽飛んでいきました。

Img_50793

ダイサギの動きが活発です。

Img_51283  

Img_5156

8時半ごろ引き上げ、途中の畑に咲いていたバラの花。

|

若者にゃ負けんバイ

春になったからか、トムちゃんの便秘もよくなり、体調万全快調(腸)のようです。

ここのところ、連日運動不足解消のレクレーションがあっています。

P4194209

P4194216

マルちゃん思わず声が出ます。

P42042343

P42042353

P42042363

まだまだ若者にゃ負けんバイといったトムちゃん

|

2007年4月20日 (金)

マルちゃんの朝と夜

P4114129

お父さんだけでなく、私にももちろん甘えてきます。朝のひと時。

P4144161

そして夜のひと時、お父さんを枕に

|

クロツラヘラサギと鳥たち・4月11日

朝8時20分からゴミ拾いを兼ねた鳥見散歩に。

Img_48013

オオカワラヒワでしょうか葉桜の木に止まっていました。

Img_48053

クロツラヘラサギが8羽とアオサギ

Img_48183

違う方向から見ると、ホウロウクシギもいます。

Img_4841

水処理センターの楠になにやら巣が、カラスでしょうかハンガーが一杯使われています。カラスは近くにいません。

Img_48523

ホウロクシギが船の残骸の両脇にいます。

Img_48533

ユリカモメはみんな顔が黒くならないのでしょうか。

Img_48563

動く様子はないので、しばらくゴミ拾い、ペットボトルやトレー、袋類が多いです。たちまち2袋集まりました。

Img_48713

移動が始まりました。

Img_48813

向こうの砂州に移動しました。

Img_48863

カニの種類はわかりません。(追記:ヤマトオサガニ)

Img_49823

松崎側の堤防のシロバナタンポポ、普通の種とは違っています。工事に使用された芝についてきたのでしょうか。

名島の本屋さんによって、久しぶりに箱崎中学校の裏へまわって見ました。

Img_50093

11時30分すでに水処理センター横の葦原で休んでいました。

クロツラヘラサギは9羽いるようです。

|

セグロカモメの蟹捕り

逆光で見にくいですが、4月5日に撮ったセグロカモメです。

Img_34403

セグロカモメが何かに狙いを付けたようです。

Img_34413

Img_34423

ゲット!

Img_34433

蟹をくわえています

Img_34443

Img_34463

Img_34483

くわえていた蟹を置きました。

Img_34493

食べるのかと思っていたら

Img_34503

そのままにして飛び立ちました。

Img_34513

そのまま海の方へ飛んでいってしまいました。

これはどういうことでしょうか、遊びでカニを捕ったのでしょうか、それとも練習?

近くにいたユリカモメが食べるかなと思って見ていましたが、どうも大きすぎるようで近づきませんでした。

|

2007年4月19日 (木)

気になるムクドリと輪ゴム

4月10日に見たムクドリです。

Img_44363

ムクドリが餌を採ったと思いましたが、よく見ると、(大きくしてご覧ください。)

Img_44373

口にくわえているのは、輪ゴムのようです。

Img_44383

Img_44394

しっかり輪ゴムをくわえています。この後見えなくなりましたが輪ゴムをどうしたでしょうか。

遊んでいるのでしょうか、それとも餌と思っているのでしょうか。餌と思って飲み込んだりしてないか気になります。

ついでに9日に撮ったカップルです。

Img_43653

Img_43673

夕陽を浴びて1羽が羽繕いしています。

おまけは3月27日撮影

Img_10233

|

乗り心地はいかが

駐車場のスポーツカーの上に猫がいました。

乗り心地はいいんでしょうね、他にも車があるのに選んで乗ってるようですから。

知らないのは持ち主ばかり。

近所をうろついている猫のようですが、飼われている猫なのかわかりません。

P41541813

|

クロツラヘラサギと鳥たち・4月10日

3時半ごろから鳥見散歩。

ムクドリのかわいい姿を見ながら川下へ歩きました。ムクドリは別に紹介します。

Img_44453

セグロカモメの親分とユリカモメの子分たち

Img_44573

中州にヘラサギとダイサギ、アオサギがいました。

Img_45083

4時、宇美川の葦原にクロツラヘラサギ10羽、ヘラサギ1羽とアオサギが5羽。

今日はクロツラヘラサギ10羽とヘラサギ2羽です。

Img_45153

左端のアオサギは半分日向ぼっこのポーズ、手間にはホウロクシギが。

Img_45213

動きそうにないので、しばらく葦原でゴミ拾いをしました。40分で3袋。

Img_45383

ホウロクシギのカップル

Img_45413

5時27分、ゴミ拾いして戻ってきたら、まだ休んでいました。左端の羽を伸ばしているのはヘラサギ

Img_45543

Img_45663

コチドリが飛んできました。

Img_45693

ピントが甘いので分かりにくいですが、コチドリがハクセキレイ(右側)を追い出しました。真ん中にゴミが目障りです。

Img_45793

5時47分、ヘラサギが動き始めました。

Img_46023

57分、2羽がすぐ近くの水溜りで餌捕りを始めました。

Img_46073

6時、アオサギも活動です。

Img_46293

Img_46423

バラバラに動いています。

Img_46443

2組がお互いに羽繕い

Img_47033

まだ頸を回して盛んに羽繕いしています。

Img_47283 Img_47373

相互羽繕いは決まった相手とするのかと思っていましたが、この時は左から3羽目が相手を替えて行いました。

挨拶みたいなものなのでしょうか。

Img_47683

ヘラサギが1羽飛んで来て2羽、クロツラヘラサギが8羽います。

Img_47783

6時26分、動く様子はありません。ホウロクシギが脚でくびをかいています。

これで引き上げました。

|

クロツラヘラサギと鳥たち・4月9日

4時近くから鳥見散歩。お天気もよくまだ桜も見ごろなので、多々良川の散歩をしました。

Img_23743

中州を中央に上流を望む。

Img_41663

夏羽に衣替えしたユリカモメがいました。舌が見えます。

Img_41833

ホウロクシギとクロツラヘラサギ

Img_41943

5時、宇美川にクロツラヘラサギ12羽とヘラサギ1羽。

先ほどの1羽とで、今日はクロツラヘラサギ13羽とヘラサギ1羽でしょうか。

Img_4207_1

塩性植物のフクド(キク科、別名ハマヨモギ)

Img_42113

クロツラヘラサギ1羽が移動して12羽になりました。

Img_42263

5時8分移動が始まりました。

Img_43013

1羽2羽と飛んで行きました。

Img_43063

ホウロクシギがいます。5時20分、残りの4羽のクロツラヘラサギは動きそうにありません。移動することにしました。

Img_43813

中州横で3羽のクロツラヘラサギが餌を捕っています。後ろの桜が満開です。

Img_43943

餌を飲み込んだ嘴から舌が見え、水玉がこぼれています。(ぜひ大きくしてご覧ください)

Img_44053

Img_44083

夕陽がまぶしいなかホウロクシギが3羽さかんに動いていました。

Img_23853

6時40分に茜色の夕陽を見ながら帰りました。

今日は松島側の木でムクドリ、ヒヨドリが賑やかでした。

|

2007年4月18日 (水)

クロツラヘラサギと鳥たち・4月8日-2

午後4時半から2回目の鳥見散歩。

偶然H氏ともう一人のH氏に会い、一緒にクロツラヘラサギの観察。

Img_39083

11羽が休んでいました。左から5番目はヘラサギ、丁度別のグループが4羽飛んで行きました。

Img_39183

次々と飛び立ちます。音も立てずに助走もなしでふわりと飛びます。忍者のように移動するといわれた方がいました。

Img_39203

Img_39273

Img_39553

クロツラヘラサギ15羽は、鉄橋の近くでバラバラに餌を捕っています。

Img_40023

手前の干潟にホウロクシギがカニを捕っています。

Img_40313

セグロカモメが大きな魚にありついていました。引っ張ろうとしますが、全然動きません。17時24分。

しばらくして通ったときはカモメはいませんでした。

Img_40653

宇美川へ移動していました。右端の一羽は干潟にいるようです。

Img_40783

一回りしてみてみると、またセグロカモメが魚を食べていました。17時56分

Img_40903

中州の上流部でもクロツラヘラサギが夕陽の中せっせと働いていました。

Img_40963

夕陽の中を飛ぶクロツラヘラサギ

Img_41173

川の中でバラバラに餌をとっています。

Img_41283_1 Img_41303 Img_41433 Img_41443 Img_41453

一羽が干潟に上がってカニを次々と捕り始めました。

先日の個体と一緒でしょうか。

Img_41623

6時25分になり薄暗くなってきましたが、まだまだクロツラヘラサギの採食は真っ盛りです。

ISO1600に上げて撮っていましたが、電池が切れてしまい、諦めて帰りました。

|

クロツラヘラサギと鳥たち・4月8日-1

9時から鳥見散歩。

Img_36843

ホウロクシギが4羽集まっていました。

Img_37103

クロツラヘラサギの手前にホウロクシギ、カワウ、カモ。右側の小さい鳥はオバシギ。

Img_37203

右から2羽目はヘラサギでした、クロツラヘラサギ16羽。

Img_37263

オバシギが2羽見えます。

Img_38143

萱越しなので見にくいですが、両端にホウロクシギ、中央の小さい鳥がオオソリハシシギとオバシギ。

H氏が来られ説明していただきました。オバシギは先日の一行とは違うグループだそうで、茶色く見えるのが成鳥。

オオソリハシのフラッグ付けたグループももう旅立ったそうです。

Img_38173_1

潮がまだ満ちています。満潮は11時58分です。羽繕い始めたものもいますが、10時半引き上げました。

おまけに四葉のクローバー

P4084046_1

|

クロツラヘラサギと鳥たち・4月7日

4時から6時の鳥見散歩兼ゴミ拾い。

今日のクロツラヘラサギは14羽だそうで、遠くにいました。

Img_36253

クロツラヘラサギとアオサギ、ダイサギ後ろにカルガモ

Img_36263

クロツラヘラサギ10羽と沖合いに2羽。

Img_36433

オオソリハシシギ2羽、左はフラッグ付き。

Img_36473

ユリカモメが飛び交います。

Img_36483

オオソリハシシギ、右フラッグ付き、左の個体は右足の指が 骨折しているのか異常です。

Img_36563

見にくいですが、オオソリハシシギ、コチドリ2羽、ホウロクシギ。

Img_36662

ホウロクシギが蟹をゲット。

今日のゴミ拾い、シギチドリを横目で見ながら、ペットボトルなど4袋

|

お父さんの抜け殻争奪戦

お久しぶりです。風邪気味で3日ほどPCに触らずにいました。

風邪がよくなって、ブログの記事を書いていると、例によってにゃんずの邪魔が入り、あっという間に書きかけの記事がパー。キーボードの入力もメチャクチャ状態に、まったくどこを踏んだのか。

もうやり直す気力がなく、お休みなさい。そんなことがここ2,3日続いておりましてご無沙汰でした。



我が家では毎晩お父さんの抜け殻ができます。

すると、にゃんずが

P4114121_1

トムちゃんが先にタッチ

P4114122

P4114123

トムが立ちました、するとすぐにマルちゃんが

P4114124

P4184203

今日はマルちゃんがゲットしました。

|

2007年4月11日 (水)

天下泰平

マルちゃんの朝と夜

P4094053_2

朝は殊勝に、牢名主様のご機嫌を損ねないように

P4104117

夜は怖いものなし、おれの天下だ

|

2007年4月 9日 (月)

蟹を食べるクロツラヘラサギ

4月5日に観察したカニを食べるクロツラヘラサギです。名島側で約11分の間に3匹を食べました。

その1が16時52分、その2が16時54分、その3が17時03分で飲み込むまでそれぞれ約1分かかっています。

ピントが甘いものもありますが、そのまま連続でのせます。

一旦捕まえたカニをくわえ直して飲み込みますが、脚が引っかかるのか飲み込むのに苦労しているようです。

その1

Img_34633_4 Img_34643_2 Img_34653_3 Img_3466_2 Img_3467_3 Img_3468_2

Img_3469_2 Img_34703_2 Img_3471_2 Img_34723_2

やっと飲み込む








その2

Img_34823_1 Img_34833_1 Img_34843_1 Img_34853_1 Img_34863_2

Img_34923_1

Img_34873_2 Img_34883_1 Img_34893_1 Img_34903_1 Img_34913_1

↑まだ飲み込めていません

やっとゴックン






その3

Img_35383 Img_35393 Img_35403 Img_35413 Img_35423 Img_35433 Img_35443 Img_35453

Img_35463 Img_35473











舌が見えるものもあります。

この個体は蟹が好きなのでしょうか。他のクロツラヘラサギの餌捕りは観察できていません。

|

牡丹と桜

所用を済ませた帰り道、寄り道をして大学や筥崎宮花庭園の花を見てきました。

P4063942

珍しい緑色の八重桜も咲き始めていました。品種名:御衣黄(ぎょいこう)

Img_23073

Img_23473

満開の花の下にはブルーシートが敷かれ、花見の準備があっていました。

Img_23523

花庭園の桜。牡丹は見ごろのものからまだつぼみが固いものまでバラバラでした。

P4063992

P4064003

花庭園は4月1日から7日まで無料開放中でした。

|

2007年4月 8日 (日)

ホウロクシギ蟹を洗う

4月5日午後4時1分、多々良川の松島側干潟で、ホウロクシギがとった蟹を水溜りへ持ってきて洗うシーンを撮影しました。

秋にはゴカイを洗って食べるそうですが、蟹を洗うのは珍しいということです。

ぶれているものもありますがそのままのせます。

Img_33783

Img_33793_1 Img_33803_1 Img_33813_1 Img_33823_1 Img_33833 Img_33843 Img_33863 Img_33873 Img_33883 Img_33893 Img_33903

水溜りに落とした蟹を再びくわえたので食べるのかと思ったら

Img_33913

もう一度今度は勢いよく水に漬けました。

Img_33923_1 

きれいになった蟹をこの後食べました。

この間1分間でした。

|

お殿様と家来

日向ぼっこ中のトムとマル。まるで殿様と家来みたい。

P4074011

ご飯のときもトムが先に口をつけてます。

マルちゃんちゃんと先輩をたてているようです。

|

クロツラヘラサギと鳥たち・4月5日

午後1時半から鳥見をしながらH氏とゴミ拾い。

Img_33233

クロツラヘラサギは20羽です。

Img_33263

活動再開の準備が始まりました。ゴミ拾いをしているうちに飛んでいってしまいました。

3時ごろゴミ拾いを切り上げ、これまで集めておいた分と一緒に集荷場所へ運び鳥見に戻りました。

Img_33533_1

沖のほうでクロツラヘラサギが、手前の干潟ではオバシギとオオソリハシシギが餌を獲っています。

Img_33693

ヨシガモのオスが1羽のメスを取り囲んで求愛のディスプレイをしています。ナポレオンハットのような頭が光を受けて輝いています。

Img_33753

この後ホウロクシギがカニを獲って水で洗う行動を見せてくれました。別の記事で紹介します。

Img_34333

ホウロクシギとズグロカモメのツーショット。ズグロカモメの正面からの顔はなんだかおかしいです。

Img_34363

ダイサギが餌をゲット!?と思ったら

Img_34373

ケッ!と吐き出しました。ゴミだったようです。大きくして顔をみてください。

Img_34633

クロツラヘラサギがカニを獲りました。しばらく見ていると次々とカニを獲って食べていました。このときの様子も別に紹介します。

Img_35043

Img_35083

冠羽が夕日に光ってカッコいいです。夏羽の成鳥です。

Img_35793

翼の先が黒く、嘴も茶色い若鳥です。

Img_35763

餌を探っているクロツラヘラサギの頸に力が入っているのがわかります。

ダイサギは長い頸を伸ばして立っているだけ。動き回るクロツラヘラサギに何でそんなに忙しいのとでもいいたげ。

セグロカモメがカニを捕り食べずに飛び去りました。どういうことでしょう。これも別に紹介します。

この場所には約20種類のカニが、大きさも1センチくらいの小さいものから4センチくらいのまでのものが棲んでいるそうです。いろんな鳥が体に合わせてそれを食べています。

P40539343

風が強いけれど、いいお天気でした。正面の建物は水処理センターです。青空に桜が映えて綺麗でした。

|

2007年4月 7日 (土)

今年のパンジー・ビオラ

我が家のベランダの9鉢のパンジーとビオラは花数も一段と多くなって、花柄摘みにおわれていますが、やっぱり鉢が小さかったかなと感じています。でも、場所がないので我慢してもらいます。

P4074022

こんもりと盛り上って一杯花を付けたビオラ、リトルラスカル。なかにはこんな花も

P4074014 P4074018_1 P4074024

ビオラ、ビビアプリコット。咲き始めは薄い藤色でだんだん白くなってきます。

P4074033

ベルベットの質感のビオラは、ハニーレッド。

P4074038

パンジー、ソフトライトアジャーリモネット。なぜかアブラムシに気に入られて一時は大変でした。やわらかなピンク系が咲き進むと白くなります。

ベランダが東南向きなので、なるべく長く日に当てたいと手すりの側に置いています。

|

猫たちのひなたぼっこ

トムちゃんは洗濯物の上に置いた座布団がお気に入りです。

P4053911

あんまり暖かいとマルちゃんはだんだんコタツカバーに隠れていきます。

P33138173 P33138183

ちょっとカバーをめくってみました。

P33138203

|

多々良川の鳥たち・シギが増えました・4月4日-2

多々良川の河口にオオソリハシシギオバシギが来ている、オオソリハシシギには、オーストラリアでフラッグを装着された個体がふくまれているということで、午後3時からさっそく双眼鏡を持って行きました。

Img_30053

途中で出会ったのが、イソヒヨドリ。後姿は撮らせてくれませんでした。

Img_30153

ヒドリガモヨシガモが休んでいます。ヨシガモが増えています。

Img_30233

Img_30243

Img_30253

ホウロクシギが飛んできました。「ポーイー ポポー 」と鳴きながら飛ぶのですぐわかります。

Img_30393 Img_30413

ホウロクシギの羽繕い

Img_31133

ついに見ました。大きいほうがオオソリハシシギ4羽、小さいほうがオバシギ3羽。中央の個体が足にフラッグをつけています。

Img_31393_1

左の個体が足に赤いフラッグをつけています。このシギたちはここでしばらく休んで、北極圏まで飛んでいくそうです。

Img_31513 

Img_31653

Img_32553

Img_32983

ホウロクシギが羽を広げました。

シギ、チドリは多々良川の春の風物詩だそうです。これからどんどん増えそうでどんな鳥に出会えるか楽しみです。

風が強くて寒い日でした。手持ちのカメラが風で振れるので、ぶれないように必死でした。5時過ぎに引き上げました。

|

クロツラヘラサギと多々良川の鳥たち・4月4日ー1

9時から10時30分まで鳥見散歩。

上空でなにやらバトルが繰り広げられていました。カラスがミサゴの持っている魚を狙って追いかけているのでした。

Img_27113

Img_27123

あわや、というシーンでしたが、何とかミサゴは逃げることができました。

Img_27233

クロツラヘラサギにダイサギ、アオサギも混じって休んでいました。

Img_27513

すっかり顔の色が焦げ茶に変わったユリカモメ。

Img_27693

一斉に飛び立ちました。クロツラヘラサギ20羽に黒く見えるアオサギ1羽、ダイサギ2羽。

Img_27743

Img_27823

Img_29003

中州に降りました。

Img_29043

大潮なので、潮位が高く左側は水に浸かっています。カワウ、カルガモがいます。

Img_29103

Img_29503

ダイサギが飛んできました。波が荒いのでヨシカモたちも上がろうとしましたが、上がれませんでした。

|

里の春

4月3日は久々に里へ行きました。朝の雨も上がり、まさに春爛漫、桜も菜の花も満開、土筆もびっしり立っていました。

Img_25213

青いネットに囲まれた白い花は梨、満開でした。

Img_25603

ハグロトンボ?ちょっと早いような気がします。

Img_25623

ヒメウラナミジャノメ

Img_26323

ホオジロ

Img_26383

セグロセキレイ、虫を捕まえています。

ツバメが多数川面を飛び交っていましたが、写真に撮れませんでした。

他にコサギ、ダイサギ、ハクセキレイ、カワガラス、ウグイスなどがいました。

Img_26833

|

2007年4月 6日 (金)

クロツラヘラサギと多々良川の鳥たち・4月2日

午前7時20分から8時30分まで朝の鳥見散歩。カラスが20羽くらい川の木に集合していました。

Img_22773

クロツラヘラサギは宇美川の葦原に20羽がいました。ダイサギが4羽手前にいて、数がなかなかつかめません。

Img_22893

潮が満ちてきて場所を移動するものがでてきました。

Img_23123

ダイサギが右側へ移動しました。

Img_23463

アオサギもやってきて、群れは少しでも高いところへと移りました。 私も帰宅しました。

午後は3時から途中1時間あまりのゴミ拾いを含め6時までの鳥見散歩でした。

Img_23483

多々良川中州の上流部で餌を獲っていました。大潮で干潮が3時43分、干潟が広いので、クロツラヘラサギはあちこちに散らばっています。

Img_23553

Img_23673

Img_23913

ダイサギのカップルでしょうか、仲良く飛んでいました。

Img_23953

Img_24123

工事関係者を乗せたボートが通りますがクロツラヘラサギは無関心です。

Img_24283

カニをくわえたズグロカモメです。

Img_24463

クロツラヘラサギがだんだん集まり始めました。

Img_24653

こちらには、クロツラヘラサギが見にくいですが8羽います。

Img_24413

堤防の土手にはマツバウンラン(ゴマノハグサ科)が咲き始めました。群生しているところでは一面がうっすら紫を帯びて見えます。

ゴミ拾いは4袋と不燃物1袋。

|

2007年4月 5日 (木)

クロツラヘラサギ・4月1日-2

箱崎中学の裏へまわると、クロツラヘラサギが10羽、羽を休めていました。

Img_21703_1

水に映った姿を見ると数が分かりやすいかな。

頭の上をセグロカモメが飛んでいきます。大きい!

Img_21743

Img_21923

Img_21953

↑11羽になりました。

Img_22243

早くも宇美川の葦原近くに休んでいる5羽。合計19羽です。

Img_22033

ユリカモメの一団が河口方面へ飛んで行きました。

Img_2225 川に捨てられた自転車。

Img_22533

右のホウロクシギはカニをくわえています。

5時50分に引き上げました。

|

マルの新しい遊び

紐で遊ぶのが大好きなマルちゃん。

あんまりきりがないので、紐を丸めた投げたら、ボールのようにくわえて足元まで持ってきて次を催促するようになりました。

P32937803

|

2007年4月 3日 (火)

クロツラヘラサギ・4月1日-1

午前中の雨に黄砂が混じり車が汚れてしまったお天気でしたが、午後曇り空のなか、3時ごろからバードウオッチングへ。

クロツラヘラサギはバラバラに散らばって餌を獲っていました。

Img_18273_1

中州のすぐ上では1羽が餌かと思って引っ張りだしたのは、先日の葦の根っ子のようで、残念!

カモが盛んに水浴びをし、ユリカモメとズグロカモメがカニを取っていました。ホウロクシギも盛んに餌を獲っていました。

Img_18883

堤防の桜も見ごろです。つぼみの濃い色が残っているこれくらいの時期が好きです。

名島側で餌を獲っていた2羽に次々と集合してきます。

Img_20733

Img_20803

Img_20813

Img_20823

Img_20863

Img_20883

Img_20903

ほどなく、対岸の箱崎中学側へクロツラヘラサギが集合したので、初めて名島橋を渡って行きました。

Img_21563

名島橋から上流を見れば、貨物専用線路、西鉄宮地岳線、JRと鉄橋が3本も並んでいます。逆さに写っている電車はJR鹿児島本線。

Img_21603

名島橋の際にカラタチが咲いていました。

続きはその2で。

|

トムのボール遊び・猫サッカー

久しぶりに黄色いピンポン玉が出てきました。

しばらくすると、カンカンカーンとボールの音が、

トムちゃんが一人遊びをしていました。

P4023862

P4023865

何事かとマルちゃんが見に来ました。

はい、見合って、ハッケヨイというわけにはいかず

P4023866

もうやめたとトムちゃんはピンポン玉をおいて行ってしまいました。

これ、夜中にあそばれるとうるさいんですよね、廊下の壁にぶつけてカンカンやられると。

猫サッカーの競技場はとっくに壊れたけれど、いっぱいあったピンポン玉は時々出てきて、思い出したようにトムちゃんだけ遊びます。

猫サッカーが我が家にあったのは14年位前で、マルちゃんはまだいませんでした。

|

2007年4月 2日 (月)

ホウロクシギとダイサギ

3月30日に撮影したホウロクシギとダイサギの写真です。

Img_13603

ヨシガモとホウロクシギ

Img_16713

Img_16753

カルガモと

Img_16953

Img_16963

ダイサギが飛んできました。

Img_16993

Img_17003

Img_17023

Img_17133

カニを捕まえました。

|

マルの新技披露

マルちゃんはまねっこでトムちゃんのまねばかりします。

そしてついに、コップから水を飲むことを覚えました。

トムちゃんは手で飲みますが、マルちゃんは顔が細いのでスッポリ入れて飲んでいます。

P33138113_1

舌がよく伸びますね

P33138133_1 

薬を飲むためにお湯を冷ましていたら、このとおり油断もすきもありません。

|

2007年4月 1日 (日)

ベランダ大好き

3月30日は25.5度という夏日になり、窓を開け放して風を通しました。

猫たちはベランダで日向ぼっこを楽しみました。

P33038033

トムちゃんそこねー。日向ぼっこだよーん

P33038043

お顔のお手入れでもしましょうか。

P33038063

場所を換わってとマルちゃん。

P33038073

P33038093

さて、お手入れの続きを。

|

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »