« 今日もまた | トップページ | 強権発動 »

2007年3月20日 (火)

クロツラヘラサギ・3月18日

風が強く寒い日でした。4時ごろから鳥見にいきましたが、強風でカメラがぶれてピンボケが出るので、ISO感度を上げたりしました。

写真を撮っておられる方に声をかけたら、クロツラヘラサギのために多々良川の中州を整備し、守る活動をやっておられる「ふくおか湿地保全研究会」の代表の方でした。定期的にクロツラヘラサギの数を確認しにきておられ、今日はクロツラヘラサギ18羽、ヘラサギ2羽だそうです。

ゴミ拾いや、葦刈り、野鳥・自然観察会や調査活動をされているそうで、いろいろお話を聞かせていただきました。そういう活動があって危ういところで環境が守られているのですね。

この環境を守るため、わたしもできる事から始めて行こうと思います。

Img_90332

コサギが1羽紛れ込んでいます。散歩の人が、「楽して餌を獲ろうと思うて一緒におる」と言われました。かき回されて出てきた餌を頂戴しようというつもりらしいです。

Img_90432

Img_90522

Img_91292

ヘラサギが2羽混じっています。

Img_91792

中州とクロツラヘラサギ(白い点々)

中州を大潮のときでも水没しない高さにして葦を一部刈ってから、博多湾の人工島から通っていたのが、定着するようになったのだそうです。

Img_91882

Img_91932_1 Img_91942_1  

Img_92572

水が深くなってきました。一緒にいるのはアオサギ。

Img_92751

Img_92862

Img_93032

5時50分お休みモードになったので、帰路につきました。

|

« 今日もまた | トップページ | 強権発動 »