« 何の行列? | トップページ | クロツラヘラサギ・3月21日、緊急事態発生 »

2007年3月21日 (水)

クロツラヘラサギ・3月20日、緊急事態発生

午後4時ごろ水処理センターの横から多々良川をみると、もうクロツラヘラサギは餌を獲っていましたが、中州に1羽だけじっとしているクロツラヘラサギがいました。

Img_93102

Img_93122

その時は、どうしたんだろうと軽く思っただけで、松崎側へ移動し、大潮で大きく広がった干潟に散らばって餌を獲っているクロツラヘラサギを中心に、ユリカモメやホウロクシギを見ました。(後で拡大してみたら、分かりにくいと思いますが、背中が少し汚れたようになっていました)

Img_95882

Img_96492

手前を飛んでいるのはホウロクシギ。

6時ごろ、帰りに松崎仮橋を渡ったところで、中州を見るとなにもいませんでしたが、橋の下の砂州にじっとしていた、遠くからカモメと思って見ていた白い鳥にカメラを向けると背中に赤い模様が、変だなと思いながら2枚写真を撮ってモニターをみると、クロツラヘラサギが怪我しているようでした。薄暗いし、双眼鏡を持っていなかったのでよく分かりませんでした。

Img_98433

PCに取り込んで確認したらやはり赤いのは血でクロツラヘラサギが怪我しているのは間違いなく、どうしたらいいかわからないので、ふくおか湿地保全研究会の方、クロツラヘラサギネットワークの方に電話やメールをして大騒動になりました。

21日は朝から怪我したクロツラヘラサギを探しにいくことにしました。

|

« 何の行列? | トップページ | クロツラヘラサギ・3月21日、緊急事態発生 »