« 久しぶりのバードウォッチング | トップページ | おかげさまで元気です »

2007年1月20日 (土)

さくらちゃん、さようなら、ありがとう

しばらくブログを休ませていただいておりました。

実は1月12日9時55分に、さくらちゃんが天国へ召されました。4月になれば15歳でした。

急に10日から動きが少なくなり、11日に病院へ連れて行ったのですが、入院して点滴中の12日に心不全でなくなりました。お医者様によると、普通心不全で亡くなるときはすごく苦しむのですが、さくらちゃんはほとんどくるしまずに、すーっと逝かれました、とのことでした。

もうそろそろ15歳だから病院へ健康診断に連れて行かなきゃとは思っていたのですが、これまで健康面で問題が無い子でしたので、これほど急に容態が悪化するとは予測できませんでした。以前、お勤めしている間は、元気でいてね、看病もできないからね、といったことがありました。私の退職を待っていたかのように具合がわるくなったのに、、、、

高齢猫の飼い主として怠慢だった、この腕の中で看取りたかったと自分を責めています。

ブログを書こうとしてもすぐ涙が出て書けませんでした。でも、もういくら涙を流しても、さくらちゃんは帰ってこないのだから、残されたトムとマルちゃんのためにもここで今の状態から抜け出さないといけないと思い、ブログを再開します。今も足元にさくらちゃんがいるような気がして、つい振り返って確かめてしまいます。

さくらちゃんは、我が家の先輩猫たちが眠っている実家の墓地の桜の木の下に埋葬しました。今頃はきっと大好きだったラッキーおじちゃんと再会していると思います。

さくらちゃん、家の子になってくれてありがとう、さようなら。あなたと過ごした楽しい日々はいつまでも忘れないからね。

P1021951_1 1月2日のみんな

P1052097_1 1月5日、舌ペロリ

P1062102_1 1月6日

P1112123_1 1月11日、朝。

P1112136_1 病院にいく前。 さくらちゃんの最後の写真になってしまいました。

|

« 久しぶりのバードウォッチング | トップページ | おかげさまで元気です »