« 里の秋 | トップページ | アオサギの子育て(番外編3) »

2006年11月12日 (日)

ヒメアカホシテントウの生態

先日散歩中、月桂樹の葉裏を見上げたら、変な模様のテントウムシが?と思ったら、カイガラムシの殻を背負ったヒメアカホシテントウでした。

Pb080711

このヒメアカホシテントウは、カイガラムシ類を食べる小型のテントウムシで、かわいいですが、幼虫・蛹はちょっとトゲトゲしていて変わっています。

7月10日に別の場所のソテツで撮影した幼虫・蛹の写真がありましたのでついでに載せます。まだ卵は見たことがありません。

Img_4651s_1 Img_46522

幼虫もトゲトゲ

Img_4614_1 Img_46622_1

羽化後しばらくは蛹殻の近くにいる

Img_4661 ソテツの葉裏にもカイガラムシがいっぱい、黒い1ミリくらいの点々もテントウムシの仲間らしいですが、わかりません。クリックすれば大きくなりますがまだ小さすぎる?

|

« 里の秋 | トップページ | アオサギの子育て(番外編3) »