« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

2006年11月30日 (木)

トムちゃんが小さかった頃9

91年9月25日 体重1キロになりました。

910925_40_1

|

トムちゃんが小さかった頃8

91年9月21日、元気君もすっかり落ち着き、トムは爪とぎの柱にも登れるようになりました。

910921_1 9109211_1 9109212_1 910921_38_2

|

2006年11月29日 (水)

メジロのお食事

0411272_090 2004年11月熊本県山鹿市にて

メジロの群れが柿の木で食事していました。

食べごろの熟柿は少ないので、順番待ちで食べていました。

次のメジロが近くに来て待つとしばらく食べては場所をゆずっていました。

首が自由自在に回り、よく伸びるのにはびっくり。

041122_078 041122_079 041122_082 0411252_057

041130_076

|

2006年11月28日 (火)

高いとこ大好きさくらちゃん

部屋の模様替えをしていらい、高いところ大好きのさくらちゃんが狙っていたCDボックスの上についにのぼりました。箱の上でごろごろご満悦、2枚目は天井見上げてなぜか舌なめずり?

Pb230989 Pb230990_1 Pb230991 Pb231001

ひととおり点検済んだし、どうやっておりようか?

Pb231005 お父さんの肩へ着地!

|

トムちゃんが小さかった頃7

91年9月14日から18日、我が家へ来て1ヶ月過ぎて、先輩猫の元気君がやっとくっついて寝てくれるようになりました。

9109162 全身真っ黒、はげたように見えていたお腹も黒くなって、へそのところだけほんのぽっと白いだけ。

910914

910918

(=^・^=)釣り

9109163_2

手作りの首輪がかわいいでしょ。

|

2006年11月27日 (月)

トムちゃんが小さかった頃6

91年9月3日から10日、植木鉢へ乗っかり、植木に登るまね。だんだん世界が広がってきました。

910903_2 910904_34_1 910906 910908

初めて猫柱の休憩所まで登ることができました。

9109101_1 9月10日、とうとう猫柱の上の段まで登りました。

|

2006年11月26日 (日)

マルちゃん興奮す!

マルちゃんが久しぶりに興奮して背中はベッカムヘアー、尻尾は爆発状態になって走り回っていました。主人がねこじゃらしを見せるとのりに乗って遊びました。普段はおとなしいのにどうしたことでしょう。

Pb251072 Pb251073 Pb251080 Pb251081 Pb251082 Pb251089 Pb251091

ワオキツネネコの尻尾膨らむ。

|

シクラメンの花

半月前我が家に来たころは花数が少なかったシクラメンが今花盛りです。今年は秋が気温が高かったので12月に開花させるつもりで育てていたのが、早く咲いてしまったそうです。Img_9384

Img_9394 花びらは普通5枚ですが、4枚と7枚の花がありました。

株によって花びらの多い花が多いものがあり、以前育てていたものには、9枚の花びらまでありました。

|

トムちゃんが小さかった頃5

91年8月28日から31日。とまどいながらも元気君少しずつ慣れてきました。

910828_27 910828_26_1 9108281

初めて元気君がトムと同じ布団で寝てくれた記念日。

910831_32 8月31日、650グラム。家へ来たときの3倍になりました。

|

2006年11月25日 (土)

蔦の紅葉

Pb241067 Pb241046 Pb241063

|

トムちゃんが小さかった頃4

91年8月21日から24日、さかんに遊ぶようになりました。

910821_20 胸がミルクでひからびー

910821_22 910821_23

910824_24 910824_25 寝てると天使。

|

さくらちゃんが小さかった頃1

9205232 トムとさくらのシンクロナイズドスリーピング。

5月15日にさくらが我が家へ着てから1週間、すっかり馴染んでいます。

9205233 9205234

|

2006年11月24日 (金)

ゴジラだぞー!

Pb180882

|

トムちゃんが小さかった頃3

91年8月14日から8月18日、ティッシュの箱にのってかじってみたりするようになりました。

私から離れようとしないので、元気君困っています。独り占めしていた膝にも近寄れずにいます。

それにしてもすごい寝相です。お腹の毛が薄いのではげているように見えますね。

910814_15_1 910814_4_1 910815_16 910816_17 910817_19 9108183

|

2006年11月23日 (木)

クモガタテントウの観察記2

2006年5月21日クモガタテントウの観察中、ミントの枝を偶然折り葉裏を見たら、何と前蛹が。夜気がついたら蛹になっていました。

20060521 20060521_1 20060525 200060525_1 200060526 20060526 200060526_1

5月26日朝には羽化していて模様も出ていました。

このあとすぐ飛んでいきました。

|

クモガタテントウの観察記1

今年5月にセイタカアワダチソウに繁殖していたクモガタテントウを見つけ、数日間観察しました。続きを秋に観察できたらと思っていましたが、とうとう観察できませんでしたので、とりあえず今年の写真を整理しました。写真はクリックすれば大きくなります。

観察期間は2006年5月20日から27日まで、幸運なことに前蛹を発見し、蛹を見ることができました。羽化の瞬間は残念ながら観察できませんでした。

クモガタテントウは成虫で2~3ミリの小型種で、ウドンコ病菌を食べるので、葉が白っぽくなったセイタカアワダチソウなどにいます。1984年に見つかった北米原産の帰化種だそうです。 小さいのに模様は複雑です。シックな色合いで好きなテントウムシのひとつです。

20060520 20060522i_2










終令幼虫で5ミリくらい、1~4令幼虫は白く小さいのでよく見ないと分かりにくいです。

20060522 200060525 200060525_2 200060527 200060525_3 200060523_1 200060525_4

卵は5,6個ずつ固めて産んでいます。小さいので、アブラムシが大きく見えます。

前蛹、蛹は次回に

|

トムちゃんが小さかった頃2

とむちゃんが来た3日目の 91年8月9日から12日まで。

910809_7 おとーさんの手が大きく見えます。まだ爪はひっこみません。

230グラムでした。

               910811_9 8月11日、初めてトイレでおしっこをしました。それまではティッシュでお腹やお尻を刺激してさせてました。

910811_10 ミルクを飲ませるのに苦労しています。

910812_11お腹の具合がいいとこてんと寝てます。頭大きいー。

910812_12

ミルクの出が悪いとかんしゃくを起こすのでギューッと力を入れてミルクを押し出していました。

必死でしがみつくので手の甲は引っかき傷だらけです。

|

2006年11月22日 (水)

トムちゃんが小さかった頃1

Img_0004 トムちゃん我が家へ来た次の日、手乗り猫時代。91年8月8日。

我が家へ来たいきさつはこちら

910808_3

まだ足元がおぼつかず、目も薄幕がかかった状態

910808_4 先輩猫のおぼっちゃま、元気君はびっくりしてベランダへ。

一人っ子でママとずっと一緒で育った箱入り息子で、他の猫を身近で見るのは初めてでした。

|

2006年11月21日 (火)

猫の木

050116_046実家の庭の柿の木は猫のお気に入り、爪とぎをしたり、日向ぼっこをしたり。

上の三毛猫がミーちゃん、下が親猫のチビちゃん。

041214_105 この枝振りがいいみたい、落ち着くのよねー、とミーちゃん。

この子はしっかり家猫。

041228_098 家に入るのはカリカリを食べるときだけ、いわゆる納屋猫というか、小屋の番。よくねずみや鳥を獲ってきてました。昨年夏に寿命をまっとうしました。長毛だったので、時々ブラシをかけてやると気持ちよさそうにしてました。

|

2006年11月20日 (月)

トムとさくらのお勉強の時間

910913 お猿さんには負けられない!

トムちゃんは今でもテレビをよく見ます。動物番組が好きです。

920616 環境問題は猫にとっても大事です。

さくらちゃんはボールゲームが好きでしたが、テレビを卒業し新聞を読んでいます。ホントは乗っかっています。

Pb190891

マルちゃんはテレビは見ません。前に座ってじゃまします。

|

2006年11月19日 (日)

甘えん坊マル

マルちゃんは甘えん坊、とくにおとーさんの膝が好き。スキンシップ大好き。

Pa3106582 Pb160794

Pb170838

先越されちゃったー

|

シロバナタンポポの花

福岡市東区の道路でシロバナタンポポが先週から咲き始めました。朝まだ花が開く前の時間帯に通るので、なかなか写真が撮れず、やっと17日に撮影しました。 Pb170812

Pb170809 開花3日目の花を横から

Pb170807_1 別の株、咲いているのは全体の3分の一5株ほど、他はまだまだ。

Pb170816

咲いているのはアスファルト道路の脇のこんな場所、他にスミレの株がいっぱい生えているが、第1回目の花が咲き終わり種がはじけていた。

|

2006年11月18日 (土)

コタツでぬくぬく

Pb180848 今日は一日雨が降って肌寒い一日でした。猫たちはホットカーペットの上においたコタツの中でぬくぬく。

3匹で満員、足を入れる隙間もありません。

Pb180854 マルちゃん熱くなって出てきました。

Pb180881 とうとうコタツの外でだらーん

|

ヒラタアブの仲間

Pa060213 大きなお目目のヒラタアブの仲間。この仲間は種類が多くて名前が分かりません。

お腹側には模様がありません。

シロノセンダングサで蜜をすっていました。

Img_8770_1 ミセバヤの花にきていた。こちらはお腹にも模様がある。

|

2006年11月17日 (金)

さくらの尻尾

Pb160801 さくらちゃんの尻尾はへの字、ソファーの角度とぴったり。うとうとしてます。

Img_64862_1

|

2006年11月15日 (水)

吸い付き猫

Pb140763 ミルクで育てたためか、縦に抱かれ、胸の辺りに吸い付く。

特にこのセーターは目が粗いので吸いやすいのか、着ただけで目を輝かせて座るのを待っている。

うっとりとした目をして夢見心地のトムちゃん。白髪も目立つお年頃でも小さい頃と変わらない。

Pb120759 手で水を飲む、如雨露に水を入れ置いたらすぐにピチョピチョ。

|

2006年11月14日 (火)

アオサギの子育て(番外編5)

父のアオサギアルバムより

2005年6月1日、ついに小さいヒナが島へ渡った。この日親鳥2羽も近くにいたそうだ。

20050601titi_01 20050601titi_02 20050601titi_03 20050601titi_04 20050601titi058

2羽が巣立った

|

2006年11月13日 (月)

アオサギの子育て(番外編4)

父のアオサギアルバムより

2005年5月26日、1羽が楓の木の上で、1羽は巣の中で羽ばたきの練習、2羽で鳴き交わす。

20050526titi_01 20050526titi_02 20050526titi_03 20050526titi_04 20050526titi_05 20050526titi_06

|

トムちゃんの悩み

15歳になったトムちゃんのこのごろの悩みは便秘。必死に力んでコロコロが1,2こ。

プレーンヨーグルトが好きだから、少しずつ食べさせるようにしています。少しは効果があるかなと思いつつ。どなたか高齢猫の便秘にきくものご存じないですか?

Img_0033 トムちゃんは掃除機大好き。掃除機かけ始めると前に来てゴロン。

マッサージみたいで気持ちいいのでしょうか。

|

2006年11月12日 (日)

昨日の猫と今日の猫

昨日までの断続的暴風雨の数日間と打って変わって今日はいい天気。竜巻被害にあわれた北海道の方にはお見舞い申し上げます。つぶれた家の瓦礫の下から猫が元気な姿をあらわしたときはほっとしました。今日は雪が降ってきたという北海道のニュースを聞きながら、こちらは申し訳ないくらいの上天気です。気持ちよい日差しでベランダはいい気持ち、猫たちも日光浴です。

Pb110738 きのうは、雷ゴロゴロ、暴風警報が出され、都市高速道路が一時不通になったところもありました。

インフルエンザの予防接種を受け人間はおとなしく過ごしました。

ねこもつきあって静かでした。

Pb120740 今日の猫たち。

ひなたぼっこ中。

黒のトムちゃんが日陰で写真撮るにはやりにくいこと。

Pb120753 さくらちゃん、ハイポーズ!

まるちゃん、なんか気になるのが?

|

アオサギの子育て(番外編3)

父のアオサギ写真集より

2005年5月25日、1羽が楓の木にいて日光浴し、足元危なっかしく枝を移動しながら羽ばたきの練習。くたびれたら巣へ戻って2羽でお休みです。

20050525titi_01_2

20050525titi_02_1 20050525titi_04_1 20050525titi_06_1 20050525titi_07_1 20050525titi_08_1 20050525titi_09_1 20050525titi_10_1 20050525titi_11_1

|

ヒメアカホシテントウの生態

先日散歩中、月桂樹の葉裏を見上げたら、変な模様のテントウムシが?と思ったら、カイガラムシの殻を背負ったヒメアカホシテントウでした。

Pb080711

このヒメアカホシテントウは、カイガラムシ類を食べる小型のテントウムシで、かわいいですが、幼虫・蛹はちょっとトゲトゲしていて変わっています。

7月10日に別の場所のソテツで撮影した幼虫・蛹の写真がありましたのでついでに載せます。まだ卵は見たことがありません。

Img_4651s_1 Img_46522

幼虫もトゲトゲ

Img_4614_1 Img_46622_1

羽化後しばらくは蛹殻の近くにいる

Img_4661 ソテツの葉裏にもカイガラムシがいっぱい、黒い1ミリくらいの点々もテントウムシの仲間らしいですが、わかりません。クリックすれば大きくなりますがまだ小さすぎる?

|

2006年11月10日 (金)

里の秋

Img_9165

溜池(堤)の朝景色

|

アオサギの子育て(番外編2)

父のアオサギ第2回

2005年5月20日、もうすっかり大きくなって、おくつろぎアオサギ兄弟。 20050520titi_021_1 20050520titi_022_1











2005年5月21日、頭のてっぺんを残し羽毛が変わって、幼鳥がふさわしい。20050521titi_023













2005年5月24日20050524titi_003 20050524titi_004_1

|

2006年11月 9日 (木)

ツマグロヒョウモン

パンジーの花にきていたツマグロヒョウモン。人工芝に卵を産もうとしていました。

Img_9224 Img_9225

|

アオサギの子育て(番外編1)

2005年のアオサギの子育てを、地元に住んでいる83歳の父も撮っていましたので、紹介します。ネガフィルムをスキャンしたものです。

3月26日撮影、抱卵中、しかしカラスに追われて巣を空けることもあったようだ。この日もカラスが親鳥を追いかけていたという。

200503titi_001_1 200503titi_002 200503titi_003

卵が見えるような見えないような







4月上旬、 3羽のヒナの勢ぞろい

200504titi_009 3羽目のヒナのか細い首がいじらしい。

200504titi_015 右のヒナは枝をくわえている。

|

サフランの花

Pb040669 今年もちゃんと咲いてくれたサフランの花。

ある年、真っ赤なめしべを料理に使おうと思い乾燥したけれど、小さくなって風で飛んでいってしまった。

やっぱり赤いめしべがないと花もさびしくなるし、それ以来ながめるだけ。

|

2006年11月 8日 (水)

これって狂い咲き!?

Pb080707_1 この秋3度目の花を咲かせているギンモクセイ。

今回が一番花が多いです。

キンモクセイも3度目の花を咲かせているみたいです。

Pb080706

真夏の花のはずの夾竹桃も花盛り。

人も自然も狂ってる?

|

アオサギの子育て(第21回)

2005年7月17日、田にはアオサギ、チュウサギ、アマサギが餌を探していた。アオサギの幼鳥も田で食餌していた。

050717_15 050717_24 050717_35

050717_57 050717_87










7月30日この日も田や川はサギ類でにぎわっていた。アオサギは1羽が公園に1羽は田んぼでアマサギとチュウサギの群れをぽつんとながめていたが、いずれも成鳥のようだ。使われなくなった巣はすっかり草が生えていた。

050730_022_1 050730_023 050730_037 050730_038 05072730_040 

05072730_057

05072730_046_1 05072730_117_1 05072730_121 050730_058_1

コサギは川で魚獲り、ササゴイ?が電線で川を見張り、アマサギが珍しく1羽で何かを眺めていた。

今日は幼鳥を見かけなかったが、上流へ飛んでいたアオサギもいたので、どうやらアオサギの幼鳥も無事に育っているようで、私のアオサギの子育ては今回で終了。次回から父の写真を紹介。

杉の木のてっぺんに止まるので芯が曲がってしまうと心配されている方もいますが、総じて鹿央町のアオサギは人間とうまく共存しているように感じました。川に鯉やフナが群れていますが、子供が時々釣りをしているくらいで、餌は豊富です。またこの公園で子育てしてほしいものです。この観察を通じてアオサギの生態をもっと知りたいと思いました。引き続きアオサギの観察をしていきたいと思います。

鳥の名前等に間違いがありましたらぜひお教えください。

|

2006年11月 7日 (火)

猫が集まる寒さかな

今日は一気に11月下旬の気温になってしまい、我が家の猫たちに暖房を要求されています。すぐホットカーペット出しましょう。

Pb070702

|

カワセミ撮ったけど、、

実家へ泊ったら恒例の早朝散歩。川縁を歩くと色んな鳥たちと出会います。

Img_9201

ハクセキレイが飛び交っている中にキラリと青色が、カワセミでした。でも木に止まれば裏側で、飛ぶときはスピードが速くて小さいので、私のコンパクトカメラでは無理が。だけど、カワセミ見た記念にのっけます。下の写真で中央右側の点が飛んでいるカワセミ。クッリクすれば大きくなりますが、やはり小さくてカワセミとはわからないかな。

Img_9202

|

2006年11月 6日 (月)

能古の島のコスモス

連休前福岡市の能古の島の遅咲きのコスモスが見ごろだといっていました。用事があって行けなかったので、2年前の写真を。

041104_012

|

2006年11月 5日 (日)

ホトケノザも満開?

冬から春にかけて畦をピンクに染めるホトケノザが今年は早くも咲き誇っています。変な感じです。

Img_8632

|

早くもシロバナタンポポ咲く

10月29日、例年なら12月くらいからボチボチ咲き出すシロバナタンポポがもう咲き出していました。もっとも1株だけですが。ほかの株はまだ葉が伸びている状態です。撮影が早朝のため、花は開いていません。山鹿市にて

Pa290635Pa290641_1 Pa290643

普通の株の状態

|

アオサギの子育て(第20回)

2005年6月26日曇り。カルガモを探して上流へ、上空を3羽のアオサギがギャーと鳴きながら飛んでいった。あの親子だろうか。1羽が川へ降りてきた。050626_110050626_132











7月3日曇り、6時から川を上流へたどる。田でアオサギの幼鳥が餌を獲っていた。成鳥が田から川へ移動して魚をねらい、コサギも魚を獲った。バンも2羽が川で採餌。早朝で曇りのため写真の質が悪いのでお許しを。

050703_014 050703_020 050703_021 050703_034

ニアミス

050703_069

050626_087 バン

|

朝露の季節

日中は暑い日が続いていますが、11月5日の朝実家は最低気温が7度と秋らしい気温でした。7時ごろからカメラ片手に散歩しました。

Img_8902_1 3年目の葉牡丹はまだ色づいていません。

Img_9057 チカラシバの朝露。

Img_9137 珍しく蕎麦が植えてありました。

花と若い実。

|

2006年11月 3日 (金)

アオサギの子育て(第19回)

2005年6月19日6時から8時観察。

公園へ向かう途中アオサギが空を飛んでいたが、川に動くものが、見るとカルガモの親子、ヒナが11羽も。もうすっかり大きくなっているのに今まで見たことがなかった。聞くと1キロほど上流に住んでいるということで、ヒナが大きくなったので遠出をしているようだ。

アオサギは小さいヒナが公園でしきりと草むらを突いてはミミズを食べていた。(この様子は左枠のアルバムに載せています。)7時45分に道路を渡り川向こうへ飛んでいった。

050619_016 050619_021karugamo 050619_082 050619_118 050619_123 050619_124

050619_125 050619_127

|

ヒメナガメの成虫と幼虫

9月22日に千日紅の花にヒメナガメがいました。なんで?ヒメナガメはカメムシ科でアブラナ科の植物につくはずなのに?と思って、10月29日に見たら、何のことはない水菜にしゃぶりついていました。でも千日紅の花に集まってなにしていたんでしょう。

Img_8078 成虫、幼虫の大と小と

Img_8757 Img_8760 Img_8759 上の左の写真の幼虫が一番小さい。カメムシの仲間は幼虫と成虫がまったく違う形や色のことが多いので、大・中・小とそろっていてくれるとありがたい。

でも幼虫の令まではわかりません。どなたか教えてください。

|

三猫三様

Pa310661 今年はあったかいので、まだホットカーペットが出てません。

連休明けたら平年並みになるかしら。

|

アオサギの子育て(第18回)

2005年6月12日6時から7時35分観察。

公園へ向かっていると杉の木の横をアオサギが飛んでいた。近づくとなんと2羽の親鳥が杉の木の天辺に止まり、大きいヒナは川の堰に、小さいヒナは島にとファミリー4羽が勢ぞろいしていた。曇り空のため、写真がよくないのが残念。クリックすれば大きくなります。

050612_022_1 050612_023_2

公園の遠景

050612_032 050612_038

2羽のヒナ

050612_051 050612_052

2羽の親鳥 、どちらが父でどちらが母か

050612_0503_1

矢印は両親(赤色)と小さいヒナ(黄)050612_066 050612_067

親が川縁の柵へ渡りすぐ電線へ、電線に4ヶ所白い糞の痕が見える050612_073 050612_089

足取り軽く目の前をタッタッタ

空の巣には草が

|

クモと風の作品

Img_8359 ノボロギクの綿毛Img_8373

ジョロウグモのオスと綿毛

Img_8347 ジョロウグモのカップルと柿の葉

|

2006年11月 2日 (木)

車大好きジョウビタキ

車の落書きだーれだ?それは僕だとジョウビタキ。何度も何度も車に飛びついたり、屋根に乗ったり、あの車、この車と飛び回って遊んでました。

Img_8834 Img_8804 Img_88192

Img_88242 Img_8522 Img_88312

|

おいしゅうございました

熊本の親戚から送っていただいた柿、品種は太秋(たいしゅう)。まだあまりお目にかからない新しい品種です。

Pa260552_1 500グラムもある大きさで、しゃりしゃりとした食感の甘くてジューシーな、これまでの柿のイメージを変える味、おいしゅうございました。

ありがとうございました、また来年もよろしく、といったら厚かましいかな。ともかくご馳走様でした。

|

コツコツ君(アオゲラとコゲラ)

10月29日実家で遅い朝食をとっていたら、コツコツコツと聞こえてきました、あわててカメラをつかんで家の外へ。やっと2枚だけ写真が撮れました。キツツキ科のアオゲラ、母はコツコツ君と呼んでいます。屋敷周りの大きな樫の木に今年の春から来ているそうで、赤い帽子とほっぺがかわいい。

Img_8750_1 Img_8751_1 ちょっと横向きに

このあとスズメがうるさかったのか飛んでいってしまいました。

050223_640 ついでに、コゲラ。

昨年までのコツコツ君、このごろ見かけません。どうしたんでしょう。

|

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »