« ひざを分け合う彼岸どき | トップページ | アオサギの子育て(第1回) »

2006年9月20日 (水)

ヘクソカズラの花っておもしろい

アカネ科のヘクソカズラの花について、かわいそうな名前のことから花のこと、いろんな方がブログでも取り上げておられます。

わたしもすなる、ではないけれど散歩のついでに虫と一緒に観察してきましたが、街路樹に絡まっていたのは刈られてしまったし、花のシーズンもそろそろ終わり。今年の花をまとめてみました。

漠然と感じてはいたんですが、よく見てみると、ほんとに1株1株花が違っているんですね。まばらに花がついているもの、びっしり花いっぱいの株。花筒が長いタイプから太くて短いタイプまで、筒の内側の色も赤黒くどぎついものからピンクの上品なものまで、花冠も5裂が基本だけど6~3裂まで。

では、コレクションをご覧ください。小さい写真はクリックすると拡大します。

Img_64422_2

Img_61942 Img_61892 Img_61912 Img_62002 Img_62042 Img_63062_1 Img_64612 Img_6336 Img_62092 Img_64582 Img_64432 Img_62462_1 Img_62302Img_62112

Img_5521 え~ん、きりがない。下のグループは街路樹に絡まっていたもので、1ブロックにもっとあったんですよ。

Img_63792_1 Img_63802

とっておきの株、花冠が変わっている株。

Img_6428

Img_6411_1
おまけ Img_62552

Img_63472_1






写真のサイズがバラバラでごめんなさい。来年はちゃんとしますから(?)

|

« ひざを分け合う彼岸どき | トップページ | アオサギの子育て(第1回) »