« アオサギの子育て(第2回) | トップページ | 朝撮り彼岸花とオシロイバナ »

2006年9月24日 (日)

アオサギの子育て(第3回)

2005年4月23日13時45分から14時50分まで観察。

一番小さいヒナが頭につつかれた痕があって巣の端でぐったりしていた。しばらくしたら巣の中央に戻っていったのでやれやれ、と思うまもなく親鳥が戻ってくると、大きいヒナは親に餌をねだりながら、小さいヒナを突っつきだした。親鳥は知らん顔をしている。これが自然の厳しさか。それでも、必死で巣の中の2羽の間へへもぐりこんでいったところで本日の観察終了。ピンボケブレ写真もあるが、あえて掲載する。

050423_002_2 050423_023 050423_024 050423_037 050423_044 050423_046 050423_050 050423_055 050423_068 050423_073 050423_074 050423_081 050423_082 050423_086 050423_091

アオサギの世界も生存競争がはげしい。

|

« アオサギの子育て(第2回) | トップページ | 朝撮り彼岸花とオシロイバナ »